釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

姿 純米吟醸無濾過生原酒

先日の桜ヶ丘 秋田屋での日本酒2杯目です。



続いての2杯目もお任せでお願いしました。


姿 純米吟醸無濾過生原酒です。

image

姿と聞くと、柔道家としては避けては通れません(笑)


栃木県の飯沼銘醸株式会社という会社で作られているお酒です。

こちらの酒造会社は1811年(文化8年)創業という、歴史のある蔵元です。
杉並木というお酒と、姿というお酒を造っているようです。


一杯目の山の壽よりも、コクがあるといえばいいでしょうか。
これも美味しいお酒です。

山の壽も、姿も、香りがいいです。
日本酒の楽しみのひとつですね。








何とかメンテナンス完了。



ボートを置いてある実家から懐かしいキャップが発掘されました。

image


Basserキャップ、ミロクラフトキャップ、ミスタードンキャップ、weaponキャップ、TDラインキャップです。


どれも懐かしい思い出の詰まったキャップです。



帰宅後は、週末に河口湖で開催されるJB2戦の準備。
なかなか厳しい状況になっているようです。


アフターからの回復したバスを釣りたいですね。


二人分のタックル準備はまあまあ大変です。
ワームが混じらないように注意ですね。


ポークワームは結構大変なことになっていましたが、復活の呪文をかけておいたので何とかなるかな。


今年、ラージは釣っていないので、初ラージを釣りたいと思います!

ライン(糸)の結束 お勧めのHP

釣りをする上でライン(糸)はとっても重要です。


釣りに欠かせない道具ということで釣りの六物という言葉が古くからありますが、その中にもしっかり入っています。

d0255ef1.jpg



ちなみに、釣りの六物とは、
竿、糸、針、錘、ウキ、餌のことです。


最近では、これにリールを加えて七物とも言います。
また、さらに疑似餌を加えた八物と表現する場合もあります。




そんなライン(糸)を使う場合、必ず結束がついて回ります。


この結束は人それぞれ、十人十色で様々な結び方を選択しています。


私の場合、ルアーやスイベルとの結束は、基本的にユニノットを選択しています。
ハードルアーの場合、変形ののクリンチノットでもあるハングマンズノットを使うことも多いです。


ラインとラインの結節は、電車結びかトリプルサージェンスノットです。

針の結束には、枕付きの外掛け結びです。


結び方は強度のある結びが一番良いと思いがちですが、私は慣れた結びが一番だと思います。
強度があっても難しい結び方で、上手く出来ないならば意味がありません。
強度は多少低くても、完成度が高い方がいいですね。


それと、締めこむ時にラインを濡らすことを忘れないといいです。
ラインはその性質上、熱に非常に弱いです。

20ポンドのラインでも、ティッシュペーパーで擦っても簡単に切れますからね。


下記のリンクに掲載されている結び方は、強度が一番高い結びではありませんが、比較的簡単な結び方です。
しっかりと覚えれば、釣りをする上で困ることはありません。


動画で見られるので、分かりやすいですよ!

ライン(糸)の結束動画



livedoor 天気
タイドグラフ