釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

JB桧原湖第1戦ジャッカルカップ

JB桧原湖第1戦のジャッカルカップが早稲沢浜キャンプ場を会場に開催されました。


参加は116名、ウェイン99名(85.3%)、リミットメイク41名(35.3%)、平均ウェイト706gでした。


当日の天候は曇り時々雨、気温は11~15度、水温は10~11度、南西の風弱、水位は1.5m減というコンディションでした。
通常は雪解けの水が入り、満水で迎えることが多い開幕戦ですが、少し状況が違ったようですね。


一昨年も1.5m減でしたが、参加者は減少したもののウェイン率は69.7%→85.3%に上昇、リミットメイク率も28.0%→35.3%に上がっています。
昨年との比較でも、ウェイン率は56.3%→85.3%に上昇、リミットメイク率も17.5%→35.3%に上がっています。
しかし、バスの平均サイズは787g→707gに下がっており、試合前から季節の進行が早いのではという声を反映した結果になったようです。

ウィニングウェイトも過去6年間で2番目の重さ(1番は2016年の4,127g)で、2キロ台も多く、よく釣れた大会だったようです。

優勝の菊地選手は、毎年コンスタントに結果を残し、参戦4年目でJB戦3勝、JB2戦年間優勝と安定しています。
昨年の開幕戦も制し、2連勝となるのは凄いことですね。
今回のウィニングパターンは公開されていませんが、得意なシャッドが火を噴いたのではないでしょうか。

詳細がアップされるのが楽しみです。

32423194_962854257211377_1509443814975078400_n
山木一人さんより拝借


JBホームページ




MCハマー105と90

MCハマー105をようやく手に入れられました。



90との比較
DSC_0441

DSC_0442


ボディは90と比較すると一回り大きく、リップも随分と違います。

DSC_0445


MCハマー90は、潜行深度は約2mですが、MCハマー105は4mダイバーです。
この大きさで水面から4mまで狙えると、使いでがありますね。

105mm 56g 4mダイバー 
中空のプラスチック製が主なマグナムクランクの市場で、無垢素材で作られたMCH105は希少なマグナムクランクです。ノンラトルプラス、フックの接触音が響きにくい無垢素材はサウンドによるプレッシャーを低減。又リトリーブでテールが振れる時の水圧に負けないパワーと振れたテールが戻るレスポンスのバランスを比重をコントロールできる無垢素材を使うことで調整しております。


使うのが楽しみですね。
明日は桧原湖のJB戦です。
昨年は桧原湖にいたんですが、今年は神奈川県立武道館で試合です。

2018 Berkley Bassmaster Elite at Kentucky Lake presented by Abu Garcia Day4

Strader wins at Kentucky lake

バスマスターエリートのケンタッキーレイク戦の最終日は、スタート直後にSkeet Reese選手が飛び出しましたが、4本17ポンド10オンスでリミットメイクならず、トータル76ポンド6オンスで終了。

最終日トップでスタートしたWesley Strader選手は最終日もリミットメイク20ポンド11オンス、トータル80ポンド4オンスで逃げ切りに成功しました。

img_1282-wesley-strader-2

今朝のスタートダッシュの時点では、Skeet Reeseが逆転すると思ったのですが、さすが
Wesley Strader選手です。

エリート戦初優勝です!

2018 Berkley Bassmaster Elite at Kentucky Lake presented by Abu Garcia Day3

ケンタッキーレイク戦の3日目は、2日目首位のSkeet Reese選手が4本13ポンド7オンスと大失速し、トータル58ポンド12オンスの2位に後退。



首位にはWesley Strader選手が、3日目のトップウェイト22ポンド6オンスを持ち込み、トータル59ポンド9オンスと12オンスの差をつけて首位に立ちました。

Strader surges into Day 3 lead

wes


Wesley Strader選手は
シャッドスポーンのパターンが冷え込みのために時間が短くなり、効かなくなったために、バルサのクランクで3本のキーパーをキャッチし、トップウォーター、フリッピングなど様々な釣り方を試したようです。

バイトがないエリアでも、タイミングを変えて狙ったそうです。

Skeet Reese選手もシャッドスポーンのパターンで狙うも、スクエアビルクランクで2本しかキャッチできず、フリッピングにチェンジ。バークレーのチューブで何とか拾って4本までキープしていったようです。



3位のJason Christie選手はトータル56ポンド5オンス、4位のBoyd Duckett選手は56ポンド1オンス、5位のKelley Jaye選手は54ポンド15オンスとなっています。


事実上、Wesley Strader選手とSkeet Reese選手の一騎打ちの様相を呈してきました。


日本勢は3名とも3日目に進めずに今大会は終了しています。

最終日はシャッドスボーンのパターンは復活するのでしょうか?

それとも、ブッシュのフリッピングなどの他のパターンが有効になるのでしょうか。

注目しましょう!

ということでBASSTRAKKによるとSkeet Reese選手が2本ながらも71ポンド程度あるとか。

Screenshot_20180507-224957

こりゃ決まったかな(^^;

2018 Berkley Bassmaster Elite at Kentucky Lake presented by Abu Garcia Day2

バスマスターエリート ケンタッキーレイク戦の2日目が終了し、初日2位のSkeet Reese選手が2日目に21ポンド10オンスを持ち込み、トータル45ポンド5オンスで首位に立ちました。


Screenshot_20180506-152722

2位のFred Roumbanis選手に5ポンド近い差をつけています。

3位には2日目の最大魚を持ち込んだShaw Grigsby Jr.選手がつけています。


日本勢は深江選手が、4本で14ポンド12オンス、トータル28ポンドで63位、清水選手が3本で8ポンド11オンス、トータル16ポンド6オンスで99位、大森選手は4本11ポンド10オンス、トータル14ポンド2オンスで105位でした。

この試合は日本勢が振るいませんでしたね。

優勝はSkeet Reese選手が逃げ切りそうな勢いですが、どうでしょうか。

ケンタッキーレイクでは、この後にFLWの試合も組まれているので、比較すると面白いでしょうね。

2018 Berkley Bassmaster Elite at Kentucky Lake presented by Abu Garcia 

Bassmaster Eliteのケンタッキーレイク戦が始まりました。

Screenshot_20180505-222905

初日のトップは24ポンド3オンスでChris Zaldain選手。

2位にはSkeet Reese選手が23ポンド11オンスでつけています!

3位にはKelley Jaye選手。
4位にはクラシック二連覇のJordan Lee選手がつけています。

日本勢は深江選手が13ポンド4オンスで、73位、清水選手が7ポンド11オンスで100位、大森選手が、2ポンド8オンスで107位と皆出遅れました。

巻き返しを期待しましょう!

WILLAMS ALL THE WAY

WILLAMS ALL THE WAY

000305782_original_650x650
(Photo by FLW)


Screenshot_20180502-223128

FLWツアー第5戦スミスレイクは、David Willams選手がトータル64ポンド9オンスで逃げ切りました!

2位には、シャローを攻略したJohn Cox選手が59ポンド12オンスで入りました。

Willams選手は、日本ではあまり馴染みのないシャッドスポーンのパターンで釣ったようです。
タングステンのスイムジグにクロー系のワームを付けて使ったようです。
バズベイトも使ったようですね。
これをドッグやフローティングカバーで使ったみたいですね。

000305797_original_650x650

2位のCox選手は、1/2オンスのスイムジグにバークレーのマックスセントミィティーチャンクを使ったみたいです。
これはFeco登録されるかも知れないので、注目ですね。

Willams選手は、この優勝どAOY争いでも4位につけています!
前戦まで首位だった、Bryan Thrift選手は3位。
トップに立ったのはMark Rose選手。
2位にはChris Jonston選手がつけています。

コアングラーでは岩堀選手が3位、渡辺選手が6位につけています!
こちらも楽しみですね。

2018 Academy Sports Outdoors Bassmaster Elite at Grand Lake Day4

KVD wins at Grand

kvd
(Photo by B.A.S.S.)


バスマスターエリート第2戦のグランドレイクで、Kevin Vandam選手がトータル83ポンド4オンスで通算25回目の優勝を飾りました!

2位にはTommy Biffle選手が78ポンド2オンスで入りました。。

注目の大森選手は27位でフィニッシュ。

Screenshot_20180501-221940

Kevin Vandam選手によると、雄のバスはしゃろーのバンク、それに対しサイズの良い雌のバスはは8~10フィートのオフショアのステージングエリアにいたそうです。

しっかりとそれらを理解して狙っていたそうです。

ヒットルアーは1/2オンスのストライキングのストラクチャージグ(グリーンパンプキンにペイント)にグリーンパンプキンのグラブ(テールをチャートリュースにディッピングしたもの)、ストライキングの、KVD1.5スクエアビルで釣ったようです。

フックはマスタッドのKVDトレブルの2番を使ったみたいですね。

KVDも50歳ですが、まだまだ強いですね~。
この後も何勝もすることでしょう!

山中湖チャプター第1戦モーターガイドカップ結果

4月29日、山中湖のマリンハウスモモで山中湖チャプターと山中湖第2チャプターの共催となる第1戦モーターガイドカップが行われました。

参加は38名で初出場の選手も6名ほどいられました。


DSC_0433
DSC_0426
DSC_0434

ミーティングの後、スタートです。
火曜日に放流があったこともあり、放流場所の湖明荘の前に約2/3の選手が集中していました。


DSC_0435

今回の放流バスはサイズが大きく、キロ前後の大型です。
ネイティブ狙いのリスクを考えると、この船団も理解できます。


浅い所には少なく、やや深めの2~3mのレンジが良かったようです。

ウェインは20名が行い、3キロ以上が6名でした。

DSC_0454
5位の水野選手は湖明荘前ではなく、それ以外で溜まっている場所を見つけたようで、20本ほどキャッチしたとか。


DSC_0441
4位の大河原選手は、3位の石井選手に同ウェイトでゼッケン負け。
バイブレーション(イマカツ ピラーニャ)、ジグヘッド(ティムコ シャッドシェイプ)で湖明荘前の船団で釣り勝ちました。

DSC_0438
3位の石井選手は、浅目のウィードでテールスピンジグ(ノリーズ インザベイト7gブルーギル)を使い、ヒットを量産。



DSC_0446
2位の宮前選手は石井選手と同じ場所でバックデラックスを使いリミットメイクしました。

DSC_0449
山根選手は、旭ヶ丘から湖明荘までの3mラインを狙い、スピナーベイト(クオン タフコンデビル1/4オンスシングルウィロー)、1/4オンスフットボールジグで良い型をそえました。
ボトムをズルズル引き、ウィードを切る時にバイトが出たとか。
3,500gオーバーは立派です。

Screenshot_20180430-181316



DSC_0461
お立ち台


DSC_0468
集合写真

DSC_0469
大会終了後、湖明荘で参加者とバーベキュー!

次回は山中チャプター単独開催となりますが、多くの参加者をお待ちしております。






FLW Tour - 2018 - Lewis Smith Lake Day2 Day3

FLWツアーシリーズ第5戦スミスレイクの2日目、3日目が行われ、初日からトップを走るDAVID WILLIAMS選手がトータル50ポンド12オンスで首位を堅持。

2位にはJORDAN OSBORNE選手が44ポンド2オンスでつけていますが、トップとは6ポンド以上の差がついていますので、逆転は難しいかも知れませんね。

000305572_original_650x650
(Photo by FLW)

2日間の大会となったコアングラーでは、岩堀選手が10位、渡辺選手が15位と健闘しました!

Screenshot_20180429-100950


Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ