釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

FLW Tour presented by Ranger on Lake Lanier.HALLMAN HANGS ON

HALLMAN HANGS ON


000292089_original_650x650
(Photo by FLW)

FLWツアーシリーズの第3戦が終わり、3日目までトップを走ったBradley Hallman選手が最終日13ポンド1オンスと出場した10選手中9位と苦戦するもそれまでの貯金が物を言い、トータル68ポンド4オンスで優勝賞金10万ドルを獲得しました。

Zack Birge選手が最終日16ポンド、トータル65ポンド10オンスで2位を確保。
Joseph Webster選手は5位から3位に2つ順位を上げてのフィニッシュです。

Bradley Hallman選手のウィニングルアーはメガバス ヴィジョン110+1、1/2オンスのスイムベイトだったようです。これらを使って、クリアウオーターのエリアを45ヶ所ほど走りまわったそうです。
これで初日の23ポンドオーバーをゲット。

2日目は午後1時まで1フィッシュと苦しみ、もうひとつのパターンである、マリーナのアウトサイドのフェンスをスイムベイトで狙う展開にスイッチし、瞬殺で18ポンドオーバーをキャッチ。

3日目はまたパターンが変わり、ディープのパターンが通用せず、シェイキーヘッドにZOOMのトリックワームをセットし、スキッピングでドックのシャローを狙いリミットメイクしました。

4日目も苦戦しながら、様々なことを試して、ドックなどで何とかリミットメイクしたようです。

FLWツアーは4年目で、2016年のFLWツアーシリーズのレイクオキチョビ戦での優勝に続く2勝目を上げることに成功しました。





Top 10 pros

1. Bradley Hallman – Norman, Okla. – 68-4 (20) – $102,700

2. Zack Birge – Blanchard, Okla. – 65-10 (20) – $30,100

3. Joseph Webster – Fulton, Miss. – 65-2 (20) – $25,000

4. Jason Johnson – Dawsonville, Ga. – 65-1 (20) – $20,000

5. Braxton Setzer – Montgomery, Ala. – 63-2 (20) – $19,000

6. Cody Meyer – Auburn, Calif. – 62-10 (20) – $18,000

7. Jeff Gustafson – Keewatin, Ont. – 62-3 (20) – $17,000

8. David Williams – Maiden, N.C. – 61-12 (20) – $16,000

9. Jordan Osborne – Longview, Texas – 60-6 (20) – $15,000

10. Austin Felix – Eden Prairie, Minn. – 57-11 (19) – $14,000


年間ランキングは、Jared Mcmillan選手が20位入賞でトータル570ポイントで暫定首位をキープ。
2位は、今回8位入賞し、トータル544ポイントとしたDavid Williams選手。その差は26ポイント差。
3位には、今回6位入賞したCody Meyer選手が529ポイント、4位には、今回9位に入賞したJordan Osborne選手が524ポイント、5位には首位のJared Mcmillan選手と兄弟のBrandon Mcmillan選手が521ポイントでつけています。
まだまだその差は小さく、予断の許せない状況です。

 LEADERS  POINTS
1. JARED MCMILLAN   570
2. DAVID WILLIAMS   544
3. CODY MEYER     529
4. JORDAN OSBORNE 524
5. BRANDON MCMILLAN 521

FLW Tour presented by Ranger on Lake Lanier DAY3

FLWツアーシリーズのレイクラニア戦の準決勝が終わり、二日目までトップのBradley Hallman選手がそれまでと比べやや失速したものの13ボンド1オンスをウェインし、トータル55ポンド3オンスで首位を堅持しています。


000291827_original_650x650
(Photo by FLW)


Zack Birge選手が5ポンド9オンスのビッグバスを含む15ポンド1オンスをウェインし、トータル49ポンド10オンスと順位を一つ上げてきました。

前日よりも差は詰まりましたが、まだ6ポンド近いアドバンテージがあります。
トーナメントは何が起きるか分かりませんが、逃げ切り濃厚ですね。

年間首位のJarad Mcmillan選手は20位で終了。
最終日はトップ10での争いです。
トップが頭一つ抜けていますが、それ以下は混戦ですので、順位変動がありそうですね。

ライブ中継もありますので、日本からも見ることが出来ます!
一度、アメリカのトーナメントを見てはいかがでしょうか。



Top 10 pros

1. Bradley Hallman – Norman, Okla. – 55-3 (15)

2. Zack Birge – Blanchard, Okla. – 49-10 (15)

3. Jeff Gustafson – Keewatin, Ont. – 48-10 (15)

4. Jason Johnson – Gainesville, Ga. – 48-9 (15)

5. Joseph Webster – Fulton, Miss. – 47-10 (15)

6. Braxton Setzer – Montgomery, Ala. – 47-5 (15)

7. Cody Meyer – Auburn, Calif. – 46-14 (15)

8. Austin Felix – Eden Prairie, Minn. – 46-13 (15)

9. David Williams – Maiden, N.C. – 46-6 (15)

10. Jordan Osborne – Longview, Texas – 46-4 (15)











FLW Tour presented by Ranger on Lake Lanier.DAY2

FLWツアー第3戦のレイクラニア戦が2日目まで終了しました。

HALLMAN GOES UP BY 7

000291559_original_650x650
(Photo by FLW)
2日目終了時点のトップは、Bradley Hallman選手。
初日23ポンド11オンス、2日目18ポンド7オンス、トータル42ポンド2オンスでぶっちぎりのトップです。

2位には David Williams選手がトータル34ポンド13オンスでつけていますが、トップとは7ポンド以上の差がついています。
2位以下は混戦で、10位の選手が32ポンド4オンスですから2ポンド9オンスの差しかありません。

30位にはツアー戦でトップを走るJared Mcmillan選手が29ポンド3オンスで入り、準決勝進出です。
2位とは5ポンド10オンス差ですので、ひしめきあっています。

これを見るだけでBradley Hallman選手がずば抜けているのが分かりますね。
気になるパターンですが、スポット狙いでのウェイトのようです。
LANIER SPOTS HALLMAN A DREAM DAY

コアングラーで出場している渡辺選手のブログにもかかれていますが、ブルーバッグへリングというベイトフィッシュパターンでのビッグウェイトのようです。


宮崎選手はトータル24ポンド2オンスで80位でした。

準決勝、決勝とこのままBradley Hallman選手が逃げ切るかに注目です。


Top 10 pros

1. Bradley Hallman – Norman, Okla. – 42-2 (10)

2. David Williams – Maiden, N.C. – 34-13 (10)

3. Zack Birge – Blanchard, Okla. - 34-9 (10)

4. Austin Felix – Eden Prairie, Minn. – 34-6 (10)

5. Bryan Thrift – Shelby, N.C. – 33-5 (10)

6. Joseph Webster – Fulton, Miss. – 32-13 (10)

7. Braxton Setzer – Montgomery, Ala. – 32-7 (10)

8. James Watson – Lampe, Mo. – 32-6 (10)

9. Carl Jocumsen – Frisco, Texas – 32-5 (10)

10. Kyle Weisenburger – Ottawa, Ohio – 32-4 (10)


コアングラーでは、日本から参加の岩堀選手が19位入賞、渡辺選手も3戦連続で賞金獲得する62位フィニッシュでした。


チッパワRBとMCハマー90

ニシネルアーワークスの最新シャロークランクのチッパワRB。

DSC_0295

DSC_0296

DSC_0298

DSC_0299

DSC_0300

DSC_0301

DSC_0302

DSC_0303

DSC_0304

そしてTHタックルのMCハマー90。

DSC_0293

DSC_0294



チッパワRB

Date

Size     62mm
Weight   15g
Hook     ICHIKAWA FISHING RCトレブル #4
Depth    1.5~1.6m(フロロ16lb使用時)
Price    1,600円(税抜)
CoIor    9

ちょっと太目のボディながら、良く見るとフラットサイドなクランクベイトです。
サーキットボードを使用したラウンドビルは、障害物に対し擦りつける様な逃げ方で回避します。
フラットサイドクランクは、障害物に弱いイメージがありますが、こいつは一味違うようですね。
ちなみに当初はスクエアビルで開発しようと考えていたそうですが、試したらラウンドビルの方が良かったという、至極単純な理由で変更になったそうです。
詳細こちら→西根さんの解説

ウェイトは半固定式で、基本微かなラトル音(コトコト音)がします。
このコトコト音はポストスポーンから回復したバスに効くイメージがあります。
この微妙なサウンド方式が、思いもよらずトラブルの基になってしまい、サイレントモデルが出来てしまいました。

西根さんはかなり悩んだようですが、ユーザーとしてはこんなトラブルも嬉しかったりします。
ノンラトルクランクでもフックやスプリットリングなどが擦られて実際には音がします。

映像を見ると、アクションはハイピッチで、スローからファストまで良く動きます。
そして、横からの見た目は、非常に早く点滅したような視覚変化があり、釣れそうな期待感が高まりますね。
プラスチックの厚さを極力薄くし、空気量を多くして浮力を確保したのもこのアクションに役立っているのではないでしょうか。

クランクを投げ続けるには、適度な引き応えが必要不可欠と思っているのですが、こいつはきっと大丈夫でしょうね。

将来的には、派生モデルも出るらしいので、ファットブルシリーズとの違いをどうするのか楽しみですね。




MCハマー90

Date

Size     90mm
Weight   44g
Hook     フロント#1 リア#1/0
Depth    2m+α
Price    2,800円(税抜)
CoIor    10

硬質発砲素材を用いて作られたマグナムサイズのクランクベイトです。
硬質発砲素材ということで、ノンラトル仕様なのですが、フックやスプリットリング、ヒートンなどが擦れる少し甲高い音がするクランクです。
ウェイトは44gあり、キャストはやりやすそうですね。
デザイン的にダイグルーバーに採用された、鰓のクビレが目立ちます。
このようにすることで、アクションの支点となり、リップに頼らず動きにキレが出るそうです。
リップを小さくでき、引き抵抗を軽減できたそうです。
マグナムクランクは、高い集魚力が売りですので、広いエリアから魚を寄せてきたいと思います。

濱田禎二君のコメント

クランクに必需なトゥルーチューン①

クランクに必需なトゥルーチューンの続き②

うきしぃさんのMCH90の解説

春休みはベリーパークへGO!

春休みとなる3/17~4/8の期間、ベリーパークの小山、王禅寺、鹿留の3ヶ所で、小学生無料キャンペーンを開催します。


保護者の方1名に対し、小学生以下(小学生含む)のお子様は1名無料です。
お子様が2名以上の場合、半額で釣りを楽しめます。


CFGj_bialst3yhaz6QKbxg

気温も上昇し、外でのレジャーに良い季節になってきました。

魚釣って、バーベキューやって、1日楽しむのも良し、釣った魚を持ち帰って自宅でのんびり食べるのも良し、魚を釣ることだけに集中しても良し。

魚釣り、家族で楽しんでくださいね~。


Bass Pro Shops Bassmaster Central Open on Ross Barnett Reservoir

Bass Pro Shops Bassmaster Central Open on Ross Barnett Reservoir戦が終了しました。

img_8985-stephen-browning_0
(Phot by BASS)

Open: Browning wins at Ross Barnett



最終日をトップで迎えた伊豫部健選手の戦いを振り返ってみたいと思います。

伊豫部選手は、1/2オンスののオリジナルジグ、シマノのクランクベイトマクベス、シマノのバイブレーションラトリンサバイブを使ったようです。
ジグは、ショアラインのまばらなカバー撃ち、クランク、バイブレーションは、太陽で温められたエリアのブラッシュパイルやリップラップで使ったようです。

初日17ポンド11オンス、2日目13ポンド6オンス、3日目11ポンド12オンスで、トータル42ポンド13オンスをウェインしました。

ken_iyobe_img_8322_0



優勝したStephen Browning選手は、イールグラスのある広大なスポーニングフラットをZマンのチャターベイト ジャックハンマー3/8オンスにZマンのディーゼルミノー4インチをトレーラーに使いプリスポーンのバスを攻略。
2日目終了時点で27ポンド8オンスから3日目に16ポンド8オンス、トータル44ポンドで5位から逆優勝です。

CBJH38-01
dmin-323pk5_edit
伊豫部選手は悔しい2位だと思いますが、エリート復活のためには好スタートです。
今後に期待したいと思います。



タックルベリー松江店リニューアルオープン!

今週末の土曜日、3月10日午前11時にタックルベリー松江店が移転リニューアルオープンします。


住所は、松江市浜乃木2-1-33、旧松江店前の交差点を右折し松江総合運動公園方面に約600m進み、陸橋を下った右側となります。


30%アップ先行買取は、3月5日から9日まで、オープニングセールは3月10日から14日まで開催します。
出雲店も協賛セール開催します!!


今回、オープンには私は行きませんが、ベリーガールズがお待ちしています。

2018BG_all


皆様のご来店、お待ちしております。

TBmatsue280

2018 Bass Pro Shops Central Open #1 at Ross Barnett DAY2

Bass Pro Shops Central Open #1 at Ross Barnettの2日目は、伊豫部選手がトップに躍り出ました!。


2_iyobe_ken
(Phot byBASS)

Open: Iyobe Day 2 leader

初日17ポンド11オンスをウェインした伊豫部選手は、2日目13ポンド6オンスとややペースダウンしたものの、トータル31ポンド1オンスで暫定首位を奪取。

2位にはBradley Burns選手が初日14ポンド15オンス、2日目15ポンド4オンスでトータル30ポンド3オンスでつけています。2日間とも安定した釣果です。

3位にはQuentin Cappo選手が初日12ポンド14オンス、2日目15ポンド6オンスでと上り調子でトータル28ポンド4オンスで続いています。

初日伊豫部選手より上位につけた選手は、軒並み2日目失速し10ポンドに到達した選手がいませんでした。2日目のトップウェイトは16ポンド1オンスと伸び悩んでおります。
ノーフィッシュの選手も目立ち、なかなか厳しい試合のようです。

他の日本選手は、宮崎選手が14ポンド13オンスをウェイン13位。
木村選手は89位、加藤選手131位、佐藤選手は166位でした。

3日目の伊豫部選手の戦いが楽しみです。

2018 Bass Pro Shops Central Open #1 at Ross Barnett

2018 Bass Pro Shops Central Open第1戦がミシシッピ州のロス・バーネットにおいて始まりました。

img_7591-kinta-kimurafea
(木村健太選手 8ポンド13オンスで67位  Phot by BASS)

初日をトップで通過したのは、Clark Reehm選手。
8ポンド1オンスのビッグフィッシュを含む20ポンド15オンスをウェインしました。

2位には19ポンド5オンスでCaleb Sumrall選手、3位が18ポンド8オンスでFred Roumbanis選手、4位は18ポンド5オンスでBrad Whatley選手、5位には伊豫部選手が17ポンド11オンスで続いています。


clark_reehm_img_7462
(Phot byBASS)
 Reehm leads Day 1

日本勢は。宮崎選手が10ポンド3オンスで46位、木村選手が8ポンド13オンスで67位、佐藤選手は残念ながらノーフィッシュでのスタートです。


伊豫部選手がいい位置につけており、2日目も楽しみです。
10位が15ポンド11オンス、20位が12ポンド14オンス、30いが11ポンド13オンスということで、ややウェイトの開きがある状況です。
このままの調子で、上位フィニッシュを期待しましょう!

タックルベリー横浜関内桜通り店オープン

明日、2日午前11時に、タックルベリー横浜日の出町店が移転し、横浜関内桜通り店としてリニューアルオープンします。

詳細こちら

img485_TBkannai_map

横浜市営地下鉄関内駅3番出口を出て常盤町三丁目交差点を右折、次の交差点手前左側のビル2階です。

【オープニングセール】
3/2(金)~3/6(火) 新品・中古品がオープニング特価!
表示価格から5%オフです。
中古品が割引になるのはこの時だけですので、お見逃し無く!


※特価品(黄ラベル)は対象外です。
※他のサービスとの併用はできません。
※クレジットでのお支払い・一部商品は対象外です。



ということで、明日は私もオープンの立会いで行きますので、よろしくお願いします。!

Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ