釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

2016年12月

さよなら2016年

今日で2016年が終わります。


今年は公私とも消化不良な1年だった気がしますので、来年年男の私としては、それを補って余りある1年に2017年はしたいと思います。

「力必達」

来年の自分のテーマです。


63464edb.jpg


今日の日の入りです。

沈んだ太陽はまた昇ります。


動画でも。
富士山も右端にちょっとだけ出演です(^^;


来年もよろしくお願いいたします。

2016年の納め釣りは三喜丸からタチウオ!

今年最後の釣りは小柴港三喜丸からタチウオ釣りにピュアアングラーズのナビゲーター達と行ってきました。


8936258a.jpg


今日の船は第一三喜丸です。

出船前に燃料補給です!

933393f9.jpg



今日は朝方ちょっと風が強かったです。


f646ef1f.jpg



ポイントは走水沖の70メートルライン。
底から10~15メートルを狙います。


6fc024ea.jpg



先日の大荒れの後から、食いが悪くなったそうです。


最初ののうちは波も高く、当たりも取れませんでしたが、ナビゲーター仲間が早々に一本キャッチ。
型はいいですよ!


その後苦戦の時間が続きます。
当たりは時々ありますが、食い込まない。
スッポ抜け連発。


ようやく型を見たのは10時頃。


長かった~(^^;
細かくハンドル半分位ずつ誘って来ました。

その後、地合い到来。
バラシながらも少しづつ数か伸びます。
型がいいので、釣り応え満点です。


何とか5本をキャッチ。
全て幅広のいいタチウオです。


ここで久里浜沖の150メートルラインに移動です。
ここでも当たりがいい感じにありますが、何故だか私に掛かるのは小さい。


3本キャッチするも、全て指2本サイズです。



ようやくいい引きで上がってきたのは大アジでした。

近くには、先日就航した第五一之瀬丸がいましたよ。


a2ad63d7.jpg



ここで最後までやって、沖上がりになりました。


最終的に8本で終了です。


b70deaf5.jpg


最後の釣りはお土産出来ました。

タチウオは面白いですね。


仕掛け
ミチイト 東レ スーパーストロングPE3号
ハリス 東レトヨフロンスーパーL-EX6号2
~3メートル。
ハリ がまかつ ワーム31 ♯1  1~2本
錘 80号
餌  鯖の短冊


RIZINグランプリ

昨年に続き、RIZINグランプリを見に行ってきました。


14d632cd.jpg


友人の高阪選手が無差別級トーナメントに出場し、バルト選手と戦うので応援です。

最初の試合から盛り上がり、面白い試合が多かった。


868551c9.jpg


a1607732.jpg


06237d03.jpg


0ceb4180.jpg


3e59eb2d.jpg



ミルコ選手はみんなに愛されていますね。

最後の試合も痺れましたが、天心選手はやっぱり凄かったです。


e225a2ae.jpg


さあ、明日は今年の納め釣りに小柴港三喜丸さんからタチウオ釣りです。

仕事納め

本日で一応2016年の仕事納めとなりました。
 
今年も一年色々な方のお世話になりつつ、無事に過ごせました。
ありがとうございます。
 
店舗は年中無休なので、実際には仕事が溜まるだけなので、ひょっとするとちょこっと会社に行くこともあるかもしれませんがね(笑)
 
さて、明日は「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND」が開催されます。
 
昨年、電撃復活した世界のTK髙阪選手が今年も参戦するということで、応援に行ってきます。


d620b9fc.jpg




無差別級トーナメントに欠場選手の補充でバルト選手との対戦です。
 
バルト選手は1回戦で髙阪選手の盟友である藤田選手を破っています。
敵討ちに燃えるTKの戦いぶりを目に焼き付けてきますよ。
 
TKには私からとっておきの秘策も授けておきました(笑)
本当に決まったらビックリですが、狙い目だと思うのですよね。
 
明日が楽しみです!

Basser2月号

Basser2月号を購入しました。


3ec14b77.jpg


 
「水温10℃で始まる巻き人たちのハイシーズン」というタイトルに誘われたのではなく、この方が久しぶりに誌面に登場したというから。
 


その昔、「黒鱒道中膝栗毛」という連載でレギュラーを張っていたのを知る人は、バス暦10年選手以上と思われます。
 
私、初代の松金コンビの時も、二代目のマイケル&ジミーコンビの時も好きな連載でしたので、復活を心より待っているのですが、諸般の事情によりなかなか実現しません。
 
まあ、4人ともいいオヤジになってしまいましたので、今更感がない訳ではありませんがね。
 

3f75f462.jpg


でも、このドヤ顔は必見です(^^)
ステイシー90SPというのが渋い。

私も大変お世話になったルアーです。


ということで、正月休みにゆっくりと読みたいと思います!
 
 
Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ