釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

2017年01月

フィッシングショー大阪2017間もなく開幕!

2017年も早いもので、本日で1月が終了。

1/12が終わってしまいます。

 

2月は4日、5日でインテックス大阪にてフィッシングショー大阪2017が行われます。

 

今年は久しぶりに私も大阪に行き、初めての釣具の即売会に参加です。

 

933259db.jpg

 

会場は4号館。

 

販売品の詳細が徐々に明らかに!

 

以下、転載

 

販売商品情報随時更新中!
数量限定!
お一人様一点限り!
※価格は税込です。
※掲載商品は一例です。
【ダイワ】サーベルフィッシュ用ロッド(ソル●ィストSF83M):定価¥2●,268 →
なんと60%OFF!
【シマノ】ベイトリール(メタ●ウムMGLHG右):定価¥4●,628→なんと40%OFF!
【ダイワ】アジングロッド(月●美人アジングAGS710ML-T):定価¥5●,300 →なんと60%OFF!
【シマノ】ベイトリール(メタ●ウムMGL左):定価¥4●,628→なんと40%OFF!
【ダイワ】ジギングロッド(63S-3・F):定価¥5●,240 →なんと60%OFF!
【ジャクソン】スピニングロッド(672L):定価¥1●,440→なんと35%OFF!
【ダイワ】13セルテート2510PE-H(CP):なんと¥24,840 !
【ジャクソン】スピニングロッド(6102ML):定価¥1●,440→なんと35%OFF!
【ダイワ】ベイトリール(103L-TW):定価¥2●,000 →なんと50%OFF!
【アブ】ベイトロッド(6102M/MGS):定価¥2●,840 →なんと50%OFF!
【ジャクソン】ベイトロッド(645LT):定価¥2●,060→なんと35%OFF!
【ダイワ】シーバスロッド(92L・W):定価¥4●,680 →なんと60%OFF!
【ジャクソン】ベイトロッド(655MLT):定価¥2●,060→なんと35%OFF!
【ダイワ】13セルテート2506H(CP):なんと¥24,840 !
【ジャクソン】ベイトロッド(712MH):定価¥2●,520→なんと35%OFF!
【ダイワ】スピニングリール(15フリー●ス2506):定価¥1●,604 →なんと43%OFF!
【ジャクソン】ベイトロッド(692H):定価¥1●,980→なんと35%OFF!
【ダイワ】13セルテート2510R-PE(CP):なんと¥24,840 !
【シマノ】スピニングリール(16ヴァ●●ッシュC2500HGS):定価¥6●,048→なんと35%OFF!
【ジャクソン】ベイトロッド(672MH):定価¥1●,980→なんと35%OFF!
【アブ】スピニングロッド(ライトジギング 632-150-KR):定価¥2●,304 →なんと50%OFF!
【ダイワ】13セルテート3012(CP):なんと¥24,840 !
【ジャクソン】ベイトロッド(682M):定価¥1●,440→なんと35%OFF!
【ダイワ】13セルテート2508PE(CP):なんと¥24,840 !
【ジャクソン】スピニングロッド(662ML):定価¥1●,900→なんと35%OFF!
【アブ】スピニングリール(2500SD):定価¥9,●04→なんと50%OFF!
【ダイワ】ベイトリール(103-TW):定価¥2●,000 →なんと50%OFF!
【シマノ】スピニングリール(16ヴァ●●ッシュC2000HGS):定価¥5●,860→なんと35%OFF!
【ジャクソン】ベイトロッド(652MG):定価¥1●,900→なんと35%OFF!
【ダイワ】スピニングリール(15フリー●ス2500):定価¥1●,604 →なんと43%OFF!
【ジャクソン】スピニングロッド(642ML):定価¥1●,900→なんと35%OFF!
【アブ】スピニングロッド(ライトジギング 632-120-KR):定価¥2●,304 →なんと50%OFF!
【ダイワ】13セルテート2500(CP):なんと¥24,840 !
【ジャクソン】ベイトロッド(652MG):定価¥1●,900→なんと35%OFF!
【シマノ】電動リール(11フォー●マスター2000MK):定価¥7●,300→なんと50%OFF!
【ダイワ】13セルテート2004(CP):なんと¥24,840 !
【アブ】ベイトロッド(652M/MGS):定価¥2●,840 →なんと50%OFF!
【シマノ】電動リール(フ●ース●スター1000MK):定価¥7●,112→なんと50%OFF!
【ジャクソン】スピニングロッド(642L):定価¥1●,360→なんと35%OFF!
【メガバス】ベイトリール(F●68Rヴィ●ラ):定価¥4●,120 →なんと60%OFF!
【ダイワ】ベイトリール(100SHL):定価¥2●,952 →なんと50%OFF!
【ジャクソン】ベイトロッド(642ML):定価¥1●,360→なんと35%OFF!
【アブ】スピニングロッド(シーバス 862L-S-KR):定価¥2●,540 →なんと50%OFF!
【ダイワ】13セルテート1003(CP):なんと¥24,840 !
【シマノ】スピニングリール(2500S):定価¥1●,960→なんと50%OFF!
【ダイワ】13セルテート2004CH(CP):なんと¥24,840 !
【メガバス】ベイトリール(F●68R):定価¥4●,120 →なんと60%OFF!
【ダイワ】スピニングリール(2510R-PE):定価¥6●,880 →なんと40%OFF!
【ジャクソン】ベイトロッド(632L):定価¥1●,360→なんと35%OFF!
【ジャクソン】スピニングロッド(602UL-ST):定価¥1●,900→なんと35%OFF!
【アブ】スピニングリール(2500番):定価¥8,●64→なんと50%OFF!
【シマノ】スピニングリール(C2000):定価¥1●,312→なんと50%OFF!
【ダイワ】ベイトリール(100SH):定価¥2●,952 →なんと50%OFF!
【メガバス】ベイトリール(F●68L):定価¥4●,120 →なんと60%OFF!

お一人様一点限り!
普段手に入らない大人気商品!!

※価格は税込です。
【ファットラホ゛】ネコソギDSR#23アワビヒウオ→¥7,074
【シグナル】リザードクローラー#04ピンクタイガー→¥4,320
【ファットラホ゛】ネコソギDSR#19青ザリ→¥5,994
【シグナル】ブラックデュラゴン190#16カメレオン→¥5,400
【ファットラホ゛】ネコソギDSR#22マットグリーンパンダ→¥5,994
【シグナル】ブッチャー#06チャートギル→¥5,400
【ファットラホ゛】ネコソギXXX#15金ブナ→¥5,994
【シグナル】ブッチャー#05ピンクギル→¥5,400
【ファットラホ゛】ネコソギXXX#16パープルバックウグイ→¥5,994
【ファットラホ゛】ネコソギDSR#20ピンクザリ→¥5,994

 

 

お楽しみに!!

 

 


渚丸産 姫ワカメ!


85edfd49.jpg


この写真では伝わらないと思いますが、この姫ワカメ本当に旨い!


歯応え、風味、最高です!

さっと湯がいて、ポン酢。
いくらでも食べられますね。


片瀬江ノ島港 渚丸の雨宮船長ありがとうございます!


このお礼に釣りに行かねば!(^^)

ハードルアーのタックルセッティング(冬季~早春)②

口を開いたのに掛けられないというジレンマに直面した私はどうしたのか?
 

de53fa03.jpg


 
まず、考えたのはフックの軽量化です。
ノーマルのフックから細軸軽量のフックに変えることで吸い込みやすくできないかと考えました。


0dd0d184.jpg

こちらノーマルフック

 
具体的にはがまかつのトレブル17というトラウト用の細軸フックに変更しました。
写真はこれまた信頼するシルバークリークシャッド(初代)です。


31a7b59a.jpg


がまかつトレブル17に変更後

 
一般的にはノーマルフックが太くて刺さりにくいといいますが、フックが動いていない状況を目の前で見ていますので、太い細いというより、軽い重いの方が重要に思えたのです。
 
フックを軽量化することで、確かに動きは良くなりましたが問題発生です。
フックを軽くしたことで、サスペンドではなくなってしまったのです。
 
板錘を張るという方法もありましたが、私は違う方法を思いつきました。
スプリットリング2個付です。
実はこの方法にはもうひとつのメリットがありました。


6bc3652e.jpg

スプリットリング2個付け

 
スプリットリングを2つにすることで、フックの動きの自由度が上がり、吸い込みやすくなり、さらにルアーの重さが伝わりにくいのでバレにくくなったのです。
 
後にベリーパークフィッシュオン王禅寺で一緒に仕事をすることになった永井浩明氏がデザインするトラウトルアーもこのダブルスプリットリングシステムを使っており、何故かを聞いてみたところ同じような回答をもらいました。
バスとトラウトろ違いはあれど、着眼点が同じということで驚いた記憶があります。
 
話を戻し、それでも掛けられないバスがさらに軽い針を使いました。
K社のトレブルフックです。
 

9a2aaf08.jpg


 
このフック(写真下段のルアーのベリーについているフック)は超軽量で針先が極端に眠っているのが特徴です。
トラウト用のフックですから、強度も不足しバーブもありません。
しかし、この形状のフックは、針先が対象に当たれば、そこから力が加わるごとに針先が奥に進んでいくのです。
お気づきの方もいると思いますが、この形状はアユの友釣りで使う掛け針の形状なのです。
個人的には、バス用にも欲しい形状です。
デメリットのバーブなしはそれほど問題になりませんでしたし、強度不足という点に対しても冬場の河口湖のバス相手には十分でした。(メインは30センチクラスまでですからね。それ以上は最低トレブル17の強度が必要です)
 
ロッドとリールは通常のもので構いませんが、ラインはこの時期ナイロンを使います。
フロロの比重でルアーの動きが悪くなるのと、どうしてもポーズ時間が長いので沈み傾向になるが嫌なためです。
今ならば、溺愛する東レBawoポリアミドプラス4lbかソラロームⅡトラウトリアルファイターエリアスペックスーパーハード3~3.5lbですね。
 
ちょっとある記事を読んでいたら、自分はどうだったけかなと思い、備忘録を兼ねて書いてみました。
この話は、Basser2001年6月号の誌面で公開したものを改めてまとめたものです。
参考になれば幸いです。


 
フックを見たら交換しなきゃダメなもの多数ですね。
ボチボチやりましょう。
 
 
 
 
 
 

ハードルアーのタックルセッティング(冬季~早春)①

冬季から早春にかけて使われるハードルアーはメタル系、シャッド系が代表的なルアーです。
 
これらを使う上で私が注意していることをちょっと書きたいと思います。
 
冬季はバスの活性が低いということは皆さんご承知のことと思います。
これは、バスという魚が恒温動物ではなく変温動物なので周囲の環境変化に左右されてしまうことに由来します。
周囲の水温が下がり、体温が適正値から下がることで動きたくても動けない状況に陥るためです。
 
動きたくても動けない状況や、本人(本魚?)は動いているつもりであっても動けていないということです。
ずいぶん前ですが、冬の河口湖に釣行した際にこんなシーンを目撃しました。
1月8日、9日に行われたマスターズのプリプラだったと思います。
その日は12月~1月だったと思いますが、天気は良かったものの冷え込みは厳しく、ガイドやレベルワインダー、ローラーガイドなどがすぐに凍りつくような状況でした。
水温も最低水温直前で、下がりきる直前です。(ここ重要)
 
水温が下がりきる直前ということは、日に日に水温が落ちるのですから、魚はドンドン動けなくなってきます。
 
つまり、非常に動きが鈍い状況だということです。
 
この日はロイヤルワンドの岬周辺でシャッドを投げてストップ時間を長く取っていると、下からバスが浮き上がってくるシーンを見ることができました。
透明度が高いので、よく見えたのです。
 
ルアーの近くまで近寄るのですが、最後のアタックにまでなかなか行きません。
後になって気づきましたが、次のアクションに移るのが早かったのだと思います。
動きに付いて来たくても来れなかったのでしょう。
 
何度か繰り返しているうちに、決定的なシーンを目撃しました。
 
近くまで来て口を使わないバスと我慢比べをして、近寄っても動かさずに待っていたところ、おもむろにバスが口を大きく開けました。
しかし、フックアップせず、バイトもロッドには全く伝わりませんでした。
目で見ていなければ、食ったことには気づかない状況です。
 
さらに衝撃的なことが私の眼には映っていました。
 
フックが動いていない!!
 
バスの体力がなく、口は開いたものの吸い込む力がなかったためにフックもルアーも吸い込まれなかったのです。
バスが餌を食う時、噛みつくイメージを持たれている方も多いと思いますが(もちろんそのようなケースもあります)、その多くは水と一緒に吸い込むような食べ方をします。
スピナーベイトのブレードの回転が乱れた次の瞬間にガツンとした当たりが出たり、クランクベイトの規則的な動きが止まった次の瞬間にゴンと来たりするとよく言いますが、この動きが変化している時に周囲の水ごと吸い込んでバイトしているのです。
いわゆる前当たりと言われている瞬間ですよね。
 
サスペンドシャッドなどの止めている時に口を使わす釣り方でも、この食い方は基本的に同じです。
それだけに、活性低下したらルアーを吸い込めなくなるということを目の当たりにして愕然としました。
しかし、ついてくるバスは多く、釣り方は正解に近いと思っていたのです。
 
では、どの対策をどう考えたのか?
長くなったので次回に続きます。
 


ceb5e788.jpg


 

ジャパンフィッシングショー2017

パシフィコ横浜で開催されたジャパンフィッシングショー2017。
 
普段お世話になっている東レが久しぶりの出展をするということで、昨日の22日、無理やりお手伝いにいってきました。
 

ce65f4c4.jpg



気が付けば、東レとの関係も22年あまり経過したはず。
プロ登録をしたのが25歳の時で、その翌年からサポートしていただいています。
そして、東レファクトリーチームイーストを結成し、チームリーダーに。
そんなことを当時担当だった方と話していたら、懐かしかったですね。
 
 
今回、来ていたメンバーは今江さんを除きみんな年下かもしれないと気づき、ちょっと恐ろしくもなりました(笑)
 
 
東レの方々も、随分と人が変わり、知っている顔の方も少なくなっていました。
22年にも渡り、サポートをしてもらっていることに感謝ですね。
間もなく四半世紀。
凄いことです。
 
で、今年の私の一押しはこのアジング用のフロロライン「ソルトライン アジング フロロ

昨年発売されたのだと思いますが、迂闊でした。
まったく気づいていませんでした。
このラインは、1lb、1.3lb、1.6lb、2lbという4種類のラインナップで、細かな設定ができます。
さらに、強度があり、細いです。
細いということは水切れがよく、飛距離を出しやすい。
ライトリグの操作性が上がりますよね。
このところのメインフィールドは桧原湖ですから、使用頻度が上がりそうです。
 
動画も短いもので撮影してきたので、ボチボチとアップしていきます。
 

dc79dc60.jpg


2634d16c.jpg


49d448a9.jpg


c7463d51.jpg




069c43d3.jpg




3c6c6ea9.jpg


9e52f18f.jpg


 
Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ