釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

海外

MDJ takes the lead at Oahe Bassmaster Elite Day2

img_8102-mark-daniels
(Photo by B.A.S.S.)

MDJ takes the lead at Oahe

バスマスターエリートのレイクオアへ戦2日目は、雷雨により一時間半のディレイスタートとなり、競技時間が短くなりました。

2日目を終えて首位に立ったのは、Mark Daniels Jr.選手。
20ポンド4オンスをウェインし、トータル39ポンドとしました。
2位には初日首位だったDavid Fritts選手が18ポンド1オンスをウェインし、トータル37ポンド8オンス、3位にはCasey Ashley選手が20ポンド6オンスをウェインし、トータル37ポンド6オンス、4位にはBoyd Duckett選手が17ポンド2オンスをウェインし、トータル33ポンド11オンス、5位にはJosh Bertrand選手が14ポンド11オンスをウェインし、トータル33ポンド3オンスでつけています。

Screenshot_20180701-080419

上位3名がやや抜け出した感じですね。


日本勢は深江選手が12ポンド11オンスをウェインし、トータル26ポンド9オンスで17位に順位を上げて準決勝進出。

大森選手はリミットメイクならずに5ポンド2オンスでトータル17ポンド8オンスで60位、清水選手もリミットメイクならずに1ポンド 14オンスでトータル11ポンド15オンスで94位で終了しました。


David Fritts選手も逆転が十分に考えられるポジションです。
Rick Crunn選手に次ぐ、大ベテランの優勝が期待されますね!

HAYS SLIDES AHEAD FLW Tour Day3

000318266_original_650x650
(Photo by FLW)


準決勝が終わり、首位に立ったのはDylan Hays選手。
トータル72ポンド3オンスと2位に15オンス差をつけました。
2位には、2日目まで首位に立っていたChae Grigsby選手がトータル71ポンド4オンス。
3位にはBrad Knight選手が 70ポンド6オンス、4位にはScott Dobso選手が68ポンド10オンス、5位にはBryan Thrift選手が66ポンド2オンスでつけています。

Top 10 pros

1. Dylan Hays – Sheridan, Ark. – 72-3 (15)     

2. Chad Grigsby – Maple Grove, Minn. – 71-4 (15)       

3. Brad Knight – Lancing, Tenn. – 70-6 (15)      

4. Scott Dobson – Clarkston, Mich. – 68-10 (15)           

5. Bryan Thrift – Shelby, N.C. – 66-2 (15)                 

6. Todd Castledine – Nacogdoches, Texas – 65-10 (15)    

7. Ryan Chandler – Hebron, Ind. – 64-0 (15)

8. Cody Hahner – Wausau, Wis. – 63-11 (15)

9. Joey Cifuentes – Clinton, Ark. – 63-7 (15)    

10. Jeremy Lawyer – Sarcoxie, Mo. – 62-15 (15)


AOY争いは、注目のScott Martin選手はトータル59ポンド14オンスで17位となり、決勝進出を逃しました。
この結果、Mark Rose選手が2018年のAOY獲得ですね!


さて、最終日はどうなるでしょうか。

Benton grabs Texas fest lead Day3

Benton grabs Texas fest lead

B.A.S.S.テキサスフェストの3日目が開催されました。

img_3570-drew-benton
Screenshot_20180520-110951

準決勝が終わり、首位に立ったのはDrew Benton選手。
この日トップウェイトの20ポンド4オンスをウェインし、トータル51ポンドとし、2位に2ポンド以上の差をつけています。

2位には2日目までのトップJacob Wheeler選手がトータル48ポンド6オンス、3位にはCliff Pace選手が46ポンド3オンス、4位にはBrent Chapman選手が43ポンド5オンス、5位にはBobby Lane Jr.選手が43ポンド2オンスでつけています。

Screenshot_20180520-111003

大森選手は12ポンド2オンスでトータル37ポンド2オンスで17位。
深江選手は7ポンド10オンスでトータル31ポンド7オンスで44位でした。

Screenshot_20180520-111107
Screenshot_20180520-111120

Drew Benton選手とJacob Wheeler選手との一騎討ちでしょうか。
それとも他の選手が差し返すか?
最終日に注目です。

FLW Tour 2018 Lake Cumberland 2日目

FLW Tour 2018 Lake Cumberlandの2日目が終了し、準決勝進出者とコアングラーの順位が決まりました。

Screenshot_20180414-062525
まだまだ現役のラリーニクソン!


Screenshot_20180414-062236
コアングラーで出場している岩堀選手。
この日はやや失速し、順位を落とす。


初日首位のANDY MORGAN選手は、この日も15ポンド12オンスを持ち込み、トータル34ポンド11オンスで首位をキープ。

2位にはDARREL ROBERTSON選手が17ポンド6オンスを持ち込み、トータル33ポンド5オンスで順位を上げました。

3位にはCLENT DAVIS選手が16ポンド13オンスを持ち込み、トータル32ポンド15オンス、4位にはBRYAN THRIFT選手が17ポンド4オンスを持ち込み、トータル32ポンド13オンス、5位にはKERRY MILNER選手が17ポンド12オンスを持ち込み、トータル31ポンド6オンスでつけています。

Screenshot_20180414-071223

宮崎選手は10ポンド9オンスを持ち込み、トータル18ポンド2オンスの、145位で終了。

Screenshot_20180414-071413


コアングラーでは初日9位につけた岩堀選手でしたが、この日は5ポンド4オンスと苦戦し、トータル16ポンド2オンスで26位。

渡辺選手は、前日よりウェイトを上げて7ポンド12オンスを持ち込み、トータル13ポンド14オンスで50位。
足を痛めていながら、健闘しました。

Screenshot_20180414-071301
Screenshot_20180414-071323


2日目は高ウェイトを持ち込む選手が目立ちましたね。
上位陣は僅差の戦いのようですが、まだまだ予断が許せませんね。

Sabine River Elite postponed

Sabine River Elite postponed


BASSエリートシリーズ第2戦 the Bass Pro Shops Bassmaster Elite presented by Econo Lodge が、延期になったと発表がありました。

Screenshot_20180403-233928


大雨による増水で開催が不可能なようです。
延期された日程はまだ発表されていないようです。


大森選手が第1戦で優勝していただけに、流れが分断されるのがどうなるか?
興味深いところになります。



これにより次戦は4月26日~29日に行われるオクラホマ州のグランドレイク戦になります。
公式プラクティスは4月23日~25日の3日間。

14インチ(35.56センチ)以上のキーパー5本での争いになります。

詳細
お問い合わせ