釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

海外

FLW Tour 2018 Lake Cumberland 2日目

FLW Tour 2018 Lake Cumberlandの2日目が終了し、準決勝進出者とコアングラーの順位が決まりました。

Screenshot_20180414-062525
まだまだ現役のラリーニクソン!


Screenshot_20180414-062236
コアングラーで出場している岩堀選手。
この日はやや失速し、順位を落とす。


初日首位のANDY MORGAN選手は、この日も15ポンド12オンスを持ち込み、トータル34ポンド11オンスで首位をキープ。

2位にはDARREL ROBERTSON選手が17ポンド6オンスを持ち込み、トータル33ポンド5オンスで順位を上げました。

3位にはCLENT DAVIS選手が16ポンド13オンスを持ち込み、トータル32ポンド15オンス、4位にはBRYAN THRIFT選手が17ポンド4オンスを持ち込み、トータル32ポンド13オンス、5位にはKERRY MILNER選手が17ポンド12オンスを持ち込み、トータル31ポンド6オンスでつけています。

Screenshot_20180414-071223

宮崎選手は10ポンド9オンスを持ち込み、トータル18ポンド2オンスの、145位で終了。

Screenshot_20180414-071413


コアングラーでは初日9位につけた岩堀選手でしたが、この日は5ポンド4オンスと苦戦し、トータル16ポンド2オンスで26位。

渡辺選手は、前日よりウェイトを上げて7ポンド12オンスを持ち込み、トータル13ポンド14オンスで50位。
足を痛めていながら、健闘しました。

Screenshot_20180414-071301
Screenshot_20180414-071323


2日目は高ウェイトを持ち込む選手が目立ちましたね。
上位陣は僅差の戦いのようですが、まだまだ予断が許せませんね。

Sabine River Elite postponed

Sabine River Elite postponed


BASSエリートシリーズ第2戦 the Bass Pro Shops Bassmaster Elite presented by Econo Lodge が、延期になったと発表がありました。

Screenshot_20180403-233928


大雨による増水で開催が不可能なようです。
延期された日程はまだ発表されていないようです。


大森選手が第1戦で優勝していただけに、流れが分断されるのがどうなるか?
興味深いところになります。



これにより次戦は4月26日~29日に行われるオクラホマ州のグランドレイク戦になります。
公式プラクティスは4月23日~25日の3日間。

14インチ(35.56センチ)以上のキーパー5本での争いになります。

詳細

2018 Bass Pro Shops Central Open #1 at Ross Barnett DAY2

Bass Pro Shops Central Open #1 at Ross Barnettの2日目は、伊豫部選手がトップに躍り出ました!。


2_iyobe_ken
(Phot byBASS)

Open: Iyobe Day 2 leader

初日17ポンド11オンスをウェインした伊豫部選手は、2日目13ポンド6オンスとややペースダウンしたものの、トータル31ポンド1オンスで暫定首位を奪取。

2位にはBradley Burns選手が初日14ポンド15オンス、2日目15ポンド4オンスでトータル30ポンド3オンスでつけています。2日間とも安定した釣果です。

3位にはQuentin Cappo選手が初日12ポンド14オンス、2日目15ポンド6オンスでと上り調子でトータル28ポンド4オンスで続いています。

初日伊豫部選手より上位につけた選手は、軒並み2日目失速し10ポンドに到達した選手がいませんでした。2日目のトップウェイトは16ポンド1オンスと伸び悩んでおります。
ノーフィッシュの選手も目立ち、なかなか厳しい試合のようです。

他の日本選手は、宮崎選手が14ポンド13オンスをウェイン13位。
木村選手は89位、加藤選手131位、佐藤選手は166位でした。

3日目の伊豫部選手の戦いが楽しみです。

FLWツアーシリーズ第2戦ハリスチェーン初日 FLW Tour presented by Lowrance on the Harris Chain

FLWツアーシリーズ第2戦の初日が終了し、24ポンド13オンスでJamie Horton選手が首位に立った。

FLW Tour presented by Lowrance on the Harris Chain 

Top 10 pros

1. Jamie Horton – Centerville, Ala. – 24-13 (5)

2. Koby Kreiger – Bokelia, Fla. – 24-12 (5)

3. John Devere – Berea, Ky. – 24-4 (5)

4. Jordan Osborne – Longview, Texas – 24-1 (5)

5. Randy Haynes – Counce, Tenn. – 22-8 (5)

5. Harry Moore – Valley, Ala. – 22-8 (5)

7. Anthony Gagliardi – Prosperity, S.C. – 22-7 (5)

8. Zack Birge – Blanchard, Okla. – 21-13 (5)

9. Glenn Browne – Ocala, Fla. – 21-3 (5)

10. Kerry Milner – Bono, Ark. – 21-1 (5)

トップ10は、全員20ポンドオーバーということで、さすがスポーニングシーズンです。
20ポンド以上ウェインしたのが11名、15ポンド以上で41位という釣れ釣れ大会です。


宮崎選手は7ポンド9オンスで160位、ゲーリーヤマモト選手は10ポンド6オンスで118位スタートとやや苦しい出だしです。


コアングラー部門では、トップのRYAN ECKMAN選手は、プロ部門に劣らず驚愕の24ポンド1オンスをウェインしています。
精力的にプリプラクティスをこなしていた渡辺選手は7ポンド9オンスで84位というスタートでした。
コアングラーでも4位までが20ポンドオーバーですから、凄いですね。


2日目以降も楽しみです!

Martins Mount PanAm Comeback

FLWで嬉しいニュースが入ってきました。

レイクオキチョビで開催された、PanAm Black Bass Championship。
二人一組のチームトーナメントで国別対抗戦(アメリカ、カナダ、メキシコ、コスタリカ)のようですが、元祖帝王のRoland Martin選手が、息子のScott Martin選手と組んで、2日間トータル34ポンド3オンスをウェインし、優勝したようです。


000287755_original_650x650
(Phot by FLW)

ウィニングルアーはゲーリーヤマモトのセンコーの1/8オンステキサスリグを風裏で、Dシャッドはウィディー再度で使ったようです。
また、ZOOMのオールドスクールも使ったみたいですね。

初日16ポンド12オンスでトップだったDavid Dudley選手、 Mark Schlarb選手組みは、残念ながら7位に後退。

000287407_original_650x650
(Phot by FLW)

優勝したアメリカリーム

000287753_original_650x650
(Phot by FLW)

2位のカナダチーム

000287740_original_650x650
(Phot by FLW)

Results

1 USA Scott Martin and Roland Martin 34ポンド3オンス

2 USA John Cox and Keith Carson 32ポンド6オンス

3 Canada Cole Bailey and Bruce Leeson 28ポンド10オンス

4 Costa Rica Carlos Cabero and Henry Marin 28ポンド6オンス

5 Canada Phil Hegarty and Stephen Hegarty 27ポンド8オンス

6 Canada Rob Lee and Dave Chong 27ポンド6オンス

7 USA David Dudley and Mark Schlarb 27ポンド5オンス

8 USA Shirley Crain and Michelle Jalaba 25ポンド5オンス

9 Costa Rica Ronny Villalobos and Maricio Monge 25ポンド1

10 Canada Dave Bairstow and Matt Hubble 24ポンド13オンス

11 USA Alan Boyd and Kyle Alsop 23ポンド7オンス

12 Canada Joey Ford and Shawn McCaul 23ポンド3オンス

13 Canada Spiro Agouros and Fern Campeau 23ポンド2オンス

14 Canada Brian Hughes and Anais Chaves 22ポンド10オンス

14 Canada Bob Izumi and Darren Izumi 22ポンド10オンス

16 Mexico Richie Gonzalez and Arturo Saldana 21ポンド9オンス

17 Mexico Jorge Bruster and Luis Flores 20ポンド10オンス

18 Mexico Victor Concha Jr. and Gerardo Ibarra 18ポンド3オンス

19 Mexico Gabriel Torres and Eduardo Yoshii 17ポンド15オンス

20 Mexico Alex Salinas and Fernando Salinas 16ポンド9オンス

21 Mexico Tomas Santos and Cruz Alejando Salinas 12ポンド13オンス

22 Costa Rica Jonnathan Arroyo and Vincente Naranjo 10ポンド9オンス





Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ