釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

釣り

ベリーパーク鹿留2日目パインレイク

昨日の鹿留川エリアから本日はパインレイクでの釣りです。


DSC_0513

生憎の雨模様でしたが、トラウトの活性はたかかったです。

ファーストキャストは、立木エリアの水車の流れに向けてスミス  ピュアスプーン3.5gをキャスト。


バイトがありますが、一瞬乗ってバレてしまいました。

続いてのキャストでもバイトがあり、3投目にヒット。
30センチクラスの中型サイズ。


さらにヒットが続き、今度は36センチとサイズアップ。


バイトは続きますが、ヒットに至らずポイントを反対側に移します。


こちら側でもヒットがありますが、サイズが伸びず、さらに移動します。


もう一ヶ所の水車でミノーにヒットするも、これまた同じようなサイズ。


このエリアは魚が薄く感じ、流れ込み方面に移動。
こちらのエリアの方が魚が多く見えます。


ここで、ムカイのペレスプやメタルバイブでヒットします。

ついに大型のロック。

DSC_0514

48センチでした。
太いですね~(^^)


その後、同じ場所で粘り、ポツポツヒットしますが、なかなかこれを上回るサイズが釣れませんが、ようやく49センチをキャッチ。


雨パワーもあって、この日は良く釣れました。
大型こそもう一息でしてが、イトウ含めてその姿はたくさん見えましたので、狙いかた次第で楽しめそうですね。


その後、鹿留湖でも少し釣りをしてみましたが、こちらも良く釣れました。
特に、ブルーシルバーのスプーンに好反応でした。
他の色がワンキャスト、ワンバイト程度だったのに対し、ブルーシルバーは5バイト位の感じでしたよ。



店のスタッフも合流し、ミノーのトゥイッチのレクチャーを実施。
最初は上手くアクションできていませんでしたが、徐々にマスターし、それにともないトラウトのチェイスも増加。
その姿を見て、大興奮のスタッフでした。

ハンクルの、K-1ミノーの65のシルバーが大当たりで、レインボー、イワナ、ヤマメの三種目制覇。

DSC_0520
DSC_0521


最後にロックを掛けるも、痛恨のラインブレイク。

彼としては、この好反応は驚きだったみたいですね。

鹿留は今がチャンスですね~(^^)
梅雨に入り、釣りやすくなりますので、お勧めです!

ベリーパーク鹿留初日

ベリーパーク鹿留の初日はレインボー、イワナ、ヤマメ、コーホーでリミットメイク(^^)

DSC_0506
DSC_0508
DSC_0509
DSC_0510

最大は41センチのレインボー。

明日はパインレイクで頑張ります。

内水面漁業変化の時 管理釣場の活用

前回の内水面漁業変化の時の続きです。



現在、内水面漁業の限界が来ているという内容を書きました。
では、どうすればいいのかという話も少し書きましたが、その続きです。


ルアー関係の釣りが伸びているので、その関係の魚種認定を進め、新たな釣りの対象を増やしてみてはどうかという話でしたが、それの発展系のお話です。


河川や湖沼の漁協は、遊漁料収入が大きな財源のひとつです。
これを元手に、釣場の維持管理や放流を行って、釣場環境を整えています。


遊漁料を徴収するからには、放流(資源維持)もしなさいということです。
しかし、現実には収入が乏しく、放流も満足に出来ない。
その結果、魚が釣れないという負のスパイラルに陥り、立ち直れなくなる所が多くあるようです。

山中湖の場合、ブラックバスが魚種認定されており、少ないながらも定期的な放流を行っていますが、そもそも隠れる場所の少ない湖の特性や湖の環境の悪化(藻の減少、川鵜の食害等)により魚が定着せず、釣れない状況が続き、バスフィッシングが成立し難い状況になっています。

漁協として、漁礁の設置などをやれば良いと思うのですが、なかなか問題も多く進まないようです。
幸い、山中湖ではワカサギが釣れているため、そちらに頼った運営になっていますが、ワカサギが不漁な年は目も当てられない結果になります。

そこで、山中湖を広義の管理釣場という位置付けにして、バスや餌となる魚やエビなどの放流量を増やし、漁礁も設置し、藻の移植なども行い、禁漁区を増やすなど、管理を進めたらどうなるでしょうか?
全ての湖や河川で出来る方法ではありませんが、山中湖ならば可能なはずです。

実現には問題も多いのですが、今のままではジリ貧でダメになるのを待つばかりですから、何かしらの変化をさせないといけないと思います。


実際に湖を活用した例が東古屋湖です。
ここは湖を活用した管理釣場といっていい形態で鬼怒川漁協が運営されています。
大量に放流をすることで、湖のコンディションを整えています。

芦ノ湖も同様に放流をすることでコンディションを整えています。
その結果、いい魚が釣れるということで、集客できています。

同じような観点で、バスフィッシングやトラウトフィッシングが楽しめるフィールドの整備を進めれば、集客も可能で、収入も見込めると思います。


では、河川ではどうでしょうか?
天然の河川を利用した管理釣場は多くあります。
また、道志川では、キャッチアンドリリース区間というものを設けて、資源の有効活用に取り組んでもいます。

DSC_0916


天然河川の管理釣り場の民間の参入障壁を下げることで、漁協は利用料という形で安定的な収益を得ることが出来ると思います。
当然、河川への放流も参入した業者が行うことになり、魚の放流の負担も減ってくると思います。

外来種の流出問題というものはありますが、そもそも放流をすることで資源を維持している内水面において、固有種という概念がどこまで必要なのか疑問です。
(固有種が不要といっている訳ではありません)
放流を繰り返している時点で、既に交雑が進んで、そもそもの固有種というのは存在しないのではないでしょうか。
もちろん、食害などには注意しなければならないのは承知していますので、それなりのこの方法にもハードルはあると思います。

しかし、ひとつの方法として、湖、池、沼、河川等を利用した管理釣場形式を進めることで、効率的な管理やコストの削減、集客など今以上のものが出来るのではないかなと思っています。



内水面漁業の変化の時

今朝の新聞に下記のような記事が掲載されていました。

カナコロ

DSC_0510
DSC_0509


釣人が減り、漁協の組合員も減ったことで各地の漁協の収入が大幅に減少し、放流もままならない状況だということです。

そのため、遊漁料の値上げに踏み切る漁協が出てきたそうです。

平成25年度総務省「人口推計」によると、日本の人口は2010年の12,806万人をピークに徐々に減少傾向に転じています。
釣り人口もそれに伴いピーク時の約2,000万人から、700万人前後に落ち込んでおり、レジャー白書2017年によると前年より60万人減少し690万人ということです。

さらに、2017年の国内釣具市場は、日本釣用品工業会発行の「釣用品の国内需要動向調査報告書」によりますと、2003年以来久しぶりに2000億円を超え、2019億1千万と2016年の1,949億9千万から伸び、前年比102.4%となる模様で,2011年の東日本大震災の年の1,683億7千万を底に、回復傾向が続いています。
これは、釣具自体の金額が高騰している要素も多分に含んでおり、釣り人口が減少しているなか手放しで喜べるものではありません。

釣り種別では、ソルトルアーが前年比111.8%と伸び、次いでバス用品が104.5%となっており、ルアー関係で全体の6割を占めています。
それ以外の釣り物は鮎以外軒並み前年割れとなっています。(鮎は増えたといっても、全体の4%未満)
概ね磯、波止が15%前後、船が12%前後、渓流2%前後、ヘラ4%前後、フライ1%前後となっています。

内水面の漁協は、前述の通り組合員からの賦課金と遊漁料収入が主たる財源ですが、組合員や遊遊漁料収入の減少で財源不足に陥っています。
釣人の減少は、人口の減少に伴い避けられない状況ですが、肝心の釣りの対象魚の内訳でも、今回の場合は鮎ですから4%程度(全国で27万6千人程度)しかいませんから、増やすことは難しい状況です。

記事にもあるように、組合員の賦課金の値上げや遊漁料の値上げも対策のひとつとして効果はありますが、根本的な母数を増やさないことには本当の意味の解決になりません。

ここで注目したいのが、釣り人口が減少する中売上は伸びているルアー関係の釣りです。
内水面は、色々な制約があり難しいのは承知していますが、新規の魚種認定を行い釣りの対象を増やす方にシフトすべきだと思います。

そうしなければ、この先内水面の漁協は衰退の一途で、将来は見えてしまっています。
こんな風に考える漁協が出てきたら、地域の発展にも少しは貢献できるのではないかなと思います。



鮎解禁!

すでに鮎が解禁されている川もありますが、相模川は6月1日が解禁です。


DSC_0498

今年の相模川の鮎の遡上は過去最多で4.600万匹とのこと。


毎年、鮎の友釣りに行きたいと思いながら、なかなか実現していません。

今年は行きたいなー!
Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ