釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

トーナメント

JB2河口湖第3戦タックルベリーカップ結果

本日は河口湖てまJB2河口湖第3戦タックルベリーカップが開催されました。

[画像:9ff47714-s.jpg]


[画像:fa0464c0-s.jpg]
昨日に続き、今日も一投目で釣った大塚さん!
寸止め6位!



参加は37組74名。

私もしっかりとスポンサー挨拶してきました。

[画像:5683ccb6-s.jpg]




事前の情報では、かなり厳しいという評判でした。


リミットメイクは僅か3組。


しかし、ビッグフィッシュが出ましたよ!

[画像:6f5bcd33-s.jpg]

3700オーバーです!
この小山ペアは親子なんですよ。
息子さんが掛け、お父さんがキャッチするというペアトーナメントならではの展開。

お父さんも嬉しそうでしたね。


このウェイトを上回るペアは出ず、見事な一本勝ちです。


浅川でウィードの中をパンチングだそうです。

[画像:5c50520e-s.jpg]

最終戦ということで、年間表彰もあります。

年間1位は林選手。

[画像:1ff9a8eb-s.jpg]

一戦目、二戦目と連続優勝し、三戦目も7位と超安定の成績でブッチギリでした。


最終戦は、私のプレッシャーが効いたらしく、12時過ぎまでノーフィッシュだったとか。
そこから3本釣るのですから大したものです。


入賞の皆さん、おめでとうございます!


欠場

明日は、河口湖でJB2河口湖第3戦タックルベリーカップに出場する予定でしたが、諸事情により残念jながら欠場することとなりました。



会場には、スポンサー挨拶で行きます。

[画像:e1a7e2ce-s.jpg]



今日のプラクティスの状況を聞くと、厳しい大会になりそうですが、参加選手の皆さんは頑張ってくださいね。

JB2河口湖第3戦タックルベリーカップ

今週末土曜日に開催されるJB2河口湖第3戦タックルベリーカップ。



河口湖は稀に見る大減水で、マイナス360センチほど。

[画像:df1d6e36-s.jpg]



先日の台風で、多少回復したものの、焼け石に水の状態。
また、少しずつ減っていますね。



それでも湖は夏から秋に移りつつあるようで、シャローからディープまで魚が散っているようです。


土曜日の天気予報は曇り。

[画像:a14eb8cc-s.jpg]

雨予報から変わりましたね。

ローライトならば、巻物でしょう!


巻物主体で準備します!

[画像:d1a3bab9-s.jpg]


JB桧原湖第4戦イマカツカップ

日曜日はJB桧原湖の最終戦。
[画像:6ef9e8c9-s.jpg]

[画像:b4e12d99-s.jpg]



前日のプラクティスは、仕事の都合で出来ず、夜中に桧原湖入り。


という事で、台風で荒れるでしょうから、ハードルアーで強気に行こうと考えていました。


土曜日にこまつ305号店に市村修平君が顔を出してくれたので、桧原湖の話をしてヒントをもらいました。。


そんな訳で、スタート後はそれを試しに向かいます。

[画像:4d8f8a86-s.jpg]


スタートは第2フライトの後ろの方なので、先行者がたくさんですが、何とかスペースを見つけ入ります。


周辺では、ポツボツ釣りますが、私にはノーバイト。
約一時間ほど我慢しますが、完全無なのでハード勝負に。


風に乗りながら、クランクを投げ続けますが、これまた反応なし。
10時過ぎに朝の場所に戻り、5~6メートルのブレイクにベイトの反応を発見。


キャロを入れると、あれほど反応がなかったのにバイトが。
約700グラムのナイスフィッシュ。


続けてバイトが出て、ヒットしますがことごとく巻き始めてからしばらくでバラシます。


最初の魚も皮一枚だったので、そのためか?
まずは、フックサイズを上げてみますが、やはり改善できません。


しかし、ノンキーは釣れるというアルアルです。


ようやく2本目の600グラムをキャッチ。


ここからベイトの反応が薄くなり、バイトが遠退きます。
小移動を行い、12時20分にやや深めのラインで700グラムをキャッチしリミットメイク成功。



すぐに糠塚島裏に走り、スピナーベイトを投げまくるも追加ならずに帰着です。


検量の結果、1986グラムで42位。

IMG_0211


年間成績も72位と散々な一年でした。
こんな成績では続けるべきか悩みます。


最終戦のバイトラッシュを演出したのはルアーの力だと確信しました。

フックセッティングはやや難しいものの、威力抜群でしたね。



タックル
ロッド:ABU ファンタジスタスチュディオスFSS-67LS

リール :2500番

ライン :メインライン  東レ メバリングPE0.4号
リーダー  東レ トヨフロンスーパーL-EX 0.8号

シンカー:2.7グラム

フック:がまかつ ワーム300 #1/0

ワーム:スタッガーワイド2.7インチ



今回のお立ち台
[画像:93c9bc2c-s.jpg]


年間上位5名
[画像:16802b98-s.jpg]

年間1位は泉さん!

JBトップ50第4戦エバーグリーンカップ

JB桧原湖第4戦イマカツカップの前週に開催されたJBトップ50第4戦エバーグリーンカップ。



時間の空いている時にライブ放送を見ていましたが、混戦模様でしたね。




最終的に青木選手が最終日も4キロオーバーを持ち込んで、逆転優勝。
今シーズン2勝目で、年間チャンピオンにも王手です。



小森選手は、最終日やや伸び悩んだものの5位入賞。

[画像:25604eec-s.jpg]




年間暫定トップだった市村修平選手は、盟友の北選手ともども無念の予選落ち。


ということで、年間順位は、

1位 青木 大介 220P
2位 今江 克隆 193P トップまで27P差
3位 市村 修平 190P トップまで30P差
4位 小森 嗣彦 186P トップまで34P差
5位 野村 俊介 183P トップまで37P差


[画像:4bb9522b-s.jpg]


トップ50は、60ポイント制なので青木選手は予選を通過すればお立ち台に立たれても逆転できないポイント差をつけています。
参加人数によりますが、参加すれば最低で5Pですから225Pは確約されています。
優勝しても60Pですから、225P-60P=165Pの選手まで数字上の可能性は残ります。

ということは、暫定13位の江口選手168Pまで逆転の可能性はありますが、上位の選手とのポイント差をつけた上ではないと逆転できませんので、事実上は難しいですね。

2015年には、第4戦までで2勝を挙げ、227Pで独走していた五十嵐選手を青木選手が28P差をひっくり返し優勝したのは記憶に新しいことだと思います。
この時は、青木選手が最終戦で3位に入り、五十嵐選手が42位に沈んだために逆転となりました。

舞台は同じ霞ヶ浦ですから、どうなりますか。
ちなみに五十嵐選手は174P(トップと46P差)で10位につけています。
Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ