釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

トーナメント

JBマスターズ第3戦キサカマーキュリーカップ結果

灼熱の霞ヶ浦で開催されているJBマスターズ第3戦キサカマーキュリーカップ。


夏の霞ヶ浦は過酷なフィールドですが、このところレイクコンディションは向上してきています。昨日の初日の結果も、高いウェイン率を見せました。


そして、今日2日目です。


トップウェイトを叩き出したのは、関東Cブロックでも一緒にヒューマン河口湖チャプターの会長でもある幾志選手が5本 5,510gをウェインしました。
幾志選手は昨日も5本 4,185gをウェインし4位に付けていましたので、一躍優勝候補に上がってきました。

image

ところが2位には初日トップの瀧本選手が5本 4,720gをウェインし首位をがっちりキープしました。


ということで、この二人がワンツーフィニッシュです。
image


3位には初日2位、2日目7位の小池選手、4位には初日4位、2日目14位の篠塚選手、5位には原田選手が初日10位、2日目9位とまとめ、入賞しました。


注目の年間争いは、昨日の結果で暫定首位に立った野村選手は2日目750g 77位と失速し、35位に順位を落としましたが、横川選手も346g 96位とさらに苦しみ58位と逆転を許す結果になりました。
image

この結果、野村選手が18ポイント差をつけて首位に躍り出ることになりました。
3位の咲花選手とは41ポイント差、4位井上選手とは96ポイント差、5位市村選手とは97ポイント差、となり、数字上は可能性が残るものの実質上位3名の争いとなりそうです。
image



野村選手は2011年以来4度目のマスターズアングラーズオブザイヤー獲得に向け王手を掛けました。
最終戦の野尻湖は過去に優勝したこともあり、比較的得意とするフィールドです。

横川選手は過去の野尻湖の成績は今一つで、やや苦手としているようですが、逆転に向けて頑張って欲しいものです。

咲花選手は、昨年のマスターズ野尻湖戦の優勝者です。
10月の野尻湖は非常に厳しい湖ですから、そこで優勝するのですから相当得意なフィールドだと思います。
逆転も十分にあり得ますね。


最終戦の野尻湖まで、しばらく時間が空きますので、しっかりと準備して最高のパフォーマンスで挑んで欲しいものです。

JBマスターズ第3戦キサカマーキュリーカップ結果

JBマスターズ第3戦霞ヶ浦キサカマーキュリーカップ初日

本日からJBマスターズ第3戦キサカマーキュリーカップが霞ヶ浦で始まりました。



霞ヶ浦の夏は、想像以上に過酷です。
特にこのところの暑さは、半端ではありません。


クーラーに氷、飲料は最低4リットルは欲しいですね。


毎試合、サバイバルレースが続くマスターズシリーズですが、今大会もその流れは絶賛継続中です。


そんな生き残りを掛けた初日の結果は、TOP50の経験もある瀧本選手が、5本 5,620gでトップです。

image


2位にはやはりTOP50経験者の小池選手が4本 4,320gで続き、3位にはこれまたTOP50経験者の篠塚選手が4本 4,210gとなっています。


マスターズ戦は、ポイント制なので、ウェイト差はあまり関係ありません。
ここが戦いぶりに影響します。

参加126名中、ウェインは98名。77%と高率で魚が持ち込まれました。
リミットメイクした選手は13名で10.3%ですから、イージーではないのが良く分かります。


バス1匹の平均ウェイトは、670gですから、瀧本選手のウェイトがずば抜けて良いのが分かりますね。


上位にはTOP50と兼任する選手もおり、TOP50の暫定首位の市村修平選手も13位と好位置につけています。


マスターズの年間争いは、トップの横川選手が3本 2,204gで28位。5ポイント差の2位野村選手が5本 3,220gで11位で、この時点で逆転に成功しています。
7ポイント差で3位の咲花選手は、2本 1,000gで66位と出遅れました。
横川選手と野村選手の一騎打ちの様相を呈してきました。


同級生濱田禎二はマイナス500gで最下位。
何やってるんだ!
image


明日、頑張ってトップウェイト出してこいよ~!!

JB桧原湖第2戦ベイトブレスカップ

日曜日はJB桧原湖第2戦ベイトブレスカップが開催されました。

image

image


前日の土曜日にはJB2桧原湖第1戦のマルチブックカップが開催され、2日連続のトーナメントです。

image

image


私はJB2には出場しないので、前日のプラクティスは9時からです。

image


前日は魚は釣れますが、思いの外イージーではありません。
エリア制限もあることから、メインではないエリアを回っていることもあるのだろうということで、余り気にしていませんでした。

image


JB2はサイト組が上位を占めたことから、私の戦略もそれ中心。
揃えてから、沖の回復した魚を狙う予定。


さて、当日です。

image


スタートは赤からとなり、4番目でスタート。
すぐに会場前に戻りますが、魚が余り見えません。


しばらく探すも手応えなく、やや沖のウィード絡みをキャロで狙いますが、バイトが遠いです。

さらに沖にボートを進めると、ようやくヒットするも、なんとノンキー。
ここから、釣ってもノンキーという流れに悩まされます。


しばらく早稲沢沖を狙いますが、どうにもならず、大きく移動。

ラージを探しにいくも、こちらも手応えなし。
大川のバンプ、ラーメン屋沖、ブドウ島周辺、無名島周辺と回るも、これまた手応えなし。


再び早稲沢沖に戻り、ようやく一本キャッチ。
この時点で11時半。
バイトらしきものは出ますが、ショートバイトに悩まされます。

糠塚島裏のチャンネル絡みを狙いますが、ここでもバイトなし。

これにて終了です。
全くリズムが噛み合わず、どうしようもない展開でした。

image

image


次回は何とかしたいですね。

後片付けの大雨は大変でした。
反省しながら埼玉まで下道を走ってきました。

タックル
ロッド 78MLソリッドディップ
リール 2500番
ライン メインライン東レ エクスレッド2.5ポンド
リーダー 東レ トヨフロンEX0.6号
フック がまかつ キジスペシャル7.5号

JB桧原湖第2戦プラクティス終了

image


JB桧原湖第2戦プラクティスが終わりました。

JB2のお手伝いもあり、短時間で終了。


明日はエリア制限もなくなるので、1から探します!


ということで、温泉へGo!

桧原湖へ

日曜日のJB桧原湖戦に向けて移動中です。


image



東北道を北上中です。
上河内サービスエリアで一休み。



さあ、もうひと踏ん張りですね!
Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ