釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

ルアー

ジャッカル ジョッキーの秘密

ジャッカルのジョッキーが廃盤となったそうです。


見た目はミノープラグですが、その実動きはトップウォーターです。

DSC_0499


通常のフローティングミノーは、水面と水平に浮いていますが、ジョッキーはほぼ垂直に近い80度位の角度で浮いています。

ジャッカルステーション(ジョッキー)


リーリングやロッドアクションをつけてルアーを動かすと、一気にダイブします。
動きは非常に大きなローリング主体の動きです。

リールを2回ほど巻き、ストップすると急激に浮上し、水面に逃げるようなアクションをします。
その動きは予測しにくいイレギュラーなものです。

ダイブする時には、リップの後ろにカップがあり、そこで水を捉えポップ音やスプラッシュも出ます。

ロッドアクションでワンダイブさせると、レッドペッパーのような動きもできます。
この動きにバスは良く反応するんですよね。

普通にリトリーブしても釣れないことはないでしょうが、やっぱりこのルアが一番活躍するのは、トップで使ったときでしょうね。

キャストして、着水。
しばらくポーズを取り、ワンアクション。もしくは、グリグリっと巻いてストップ。

前者は無風状態の時にお勧めで、後者は多少の波がある時にお勧めです。
いずれにしても、余り風が強くない時の方が良いイメージがあります。

スリーフックですから、掛かりの悪いトップでも比較的フッキングは良い方だと思います。

見た目とのギャップもあり、なかなか使い方を理解されないルアーですが、実力は十分です。
これからの時期に活躍するルアーですから、見つけたら買っておいて損はないと思います。


タックルは、ミディアムライトからミディアムクラスのカーボンロッドが扱いやすいと思います。
長さは、6~6.6f程度。
余り長いとロッドアクションをつけ難いの注意してください。

ラインは、絶対にナイロンです。
お勧めは東レ ポリアミドプラスの10~14ポンド。
ナイロンラインの低比重が、ルアーの動きを損ないません。
フロロは比重が高く、ルアーの動きを妨げるので私はこのような時には使いません。

フックはがまかつ トレブルRB-Mのショートシャンクの#5が標準装備されています。
ショートシャンクというのが肝なんですよね。
掛かりをさらに良くしたい場合、スプリットリングの2個付けがお勧めです。

このジョッキーですが、目に遊び心に富んだ仕掛けがあります。

左目には
DSC_0501

酒!


右目には
DSC_0502

酔!

さすが、山木一人さんです(^^)

MCハマー105と90

MCハマー105をようやく手に入れられました。



90との比較
DSC_0441

DSC_0442


ボディは90と比較すると一回り大きく、リップも随分と違います。

DSC_0445


MCハマー90は、潜行深度は約2mですが、MCハマー105は4mダイバーです。
この大きさで水面から4mまで狙えると、使いでがありますね。

105mm 56g 4mダイバー 
中空のプラスチック製が主なマグナムクランクの市場で、無垢素材で作られたMCH105は希少なマグナムクランクです。ノンラトルプラス、フックの接触音が響きにくい無垢素材はサウンドによるプレッシャーを低減。又リトリーブでテールが振れる時の水圧に負けないパワーと振れたテールが戻るレスポンスのバランスを比重をコントロールできる無垢素材を使うことで調整しております。


使うのが楽しみですね。
明日は桧原湖のJB戦です。
昨年は桧原湖にいたんですが、今年は神奈川県立武道館で試合です。

チッパワRBとMCハマー90

ニシネルアーワークスの最新シャロークランクのチッパワRB。

DSC_0295

DSC_0296

DSC_0298

DSC_0299

DSC_0300

DSC_0301

DSC_0302

DSC_0303

DSC_0304

そしてTHタックルのMCハマー90。

DSC_0293

DSC_0294



チッパワRB

Date

Size     62mm
Weight   15g
Hook     ICHIKAWA FISHING RCトレブル #4
Depth    1.5~1.6m(フロロ16lb使用時)
Price    1,600円(税抜)
CoIor    9

ちょっと太目のボディながら、良く見るとフラットサイドなクランクベイトです。
サーキットボードを使用したラウンドビルは、障害物に対し擦りつける様な逃げ方で回避します。
フラットサイドクランクは、障害物に弱いイメージがありますが、こいつは一味違うようですね。
ちなみに当初はスクエアビルで開発しようと考えていたそうですが、試したらラウンドビルの方が良かったという、至極単純な理由で変更になったそうです。
詳細こちら→西根さんの解説

ウェイトは半固定式で、基本微かなラトル音(コトコト音)がします。
このコトコト音はポストスポーンから回復したバスに効くイメージがあります。
この微妙なサウンド方式が、思いもよらずトラブルの基になってしまい、サイレントモデルが出来てしまいました。

西根さんはかなり悩んだようですが、ユーザーとしてはこんなトラブルも嬉しかったりします。
ノンラトルクランクでもフックやスプリットリングなどが擦られて実際には音がします。

映像を見ると、アクションはハイピッチで、スローからファストまで良く動きます。
そして、横からの見た目は、非常に早く点滅したような視覚変化があり、釣れそうな期待感が高まりますね。
プラスチックの厚さを極力薄くし、空気量を多くして浮力を確保したのもこのアクションに役立っているのではないでしょうか。

クランクを投げ続けるには、適度な引き応えが必要不可欠と思っているのですが、こいつはきっと大丈夫でしょうね。

将来的には、派生モデルも出るらしいので、ファットブルシリーズとの違いをどうするのか楽しみですね。




MCハマー90

Date

Size     90mm
Weight   44g
Hook     フロント#1 リア#1/0
Depth    2m+α
Price    2,800円(税抜)
CoIor    10

硬質発砲素材を用いて作られたマグナムサイズのクランクベイトです。
硬質発砲素材ということで、ノンラトル仕様なのですが、フックやスプリットリング、ヒートンなどが擦れる少し甲高い音がするクランクです。
ウェイトは44gあり、キャストはやりやすそうですね。
デザイン的にダイグルーバーに採用された、鰓のクビレが目立ちます。
このようにすることで、アクションの支点となり、リップに頼らず動きにキレが出るそうです。
リップを小さくでき、引き抵抗を軽減できたそうです。
マグナムクランクは、高い集魚力が売りですので、広いエリアから魚を寄せてきたいと思います。

濱田禎二君のコメント

クランクに必需なトゥルーチューン①

クランクに必需なトゥルーチューンの続き②

うきしぃさんのMCH90の解説

がまかつ2018カタログ

本日、帰宅するとがまかつさんからカタログが届いていました。


DSC_0181


早速、中を見てみると。
気になる新製品ありますね~。

まずはこちら。

DSC_0182

ワームフック  コンタクトマスターです。
サイズ毎にワイヤーの線径を調整しています。
いわゆるヤマメ針系の形状で、初期掛かりが良さそうですね!
サイズも#10、#8、#6の三種類。
11本入りで300円。



続いてはこちら

DSC_0183

ワームフック  LDマスター

福島健君のプロデュースだそうです。
リーダーレスダウンショットのストレスを軽減するデザインだそうです。
アイを大きくし、フレキシブルに動くようにしたり、ファーストシャンクを長くしてワームのホールド性を高めたり、エントリーアングルをアイに向け、ロングテーバードのフックポイントで貫通力を高めているそうです。
もちろんナノスムースコート採用です。

私はリーダーレスダウンショットはあまり使いませんが、良さげですね。

サイズは#1~#4/0まで。
#1は7本入り、#1/0は6本入り、#2/0~4/0は5本入り。各サイズ400円です。


そしてこちらは追加モデル。

DSC_0184
DSC_0186

トレーラーフックとダブル21にナノスムースコートモデルが追加です。

ナノスムースコートの刺さりを体験したら、他の針では満足出来なくなりますからね。

抵抗なく刺さりますからね。


そして、がまかつフックの特徴である耐久性。
最近のフックは針先が鋭くて当たり前です。
しかし、使って行くうちに鈍っていきますよね。
コレがとにかくがまかつのフックは鈍らないです。
完全に鈍らない訳ではありませんが、鈍るのが遅いです。

この耐久性を使って、体験してみてください。

トレーラーフック
#4~#1/0(#4  6本入り、#2、1  5本入り、1/0  4本入り)
各サイズ450円。


ダブル21
#12~1/0(#12~2  5本入り 450円、#1~1/0  5本入り 500円)


そして変わり種としてはこちら。
DSC_0185

餌木です。
その名もEVOLIGE(エヴォリッジ)です。

ベーシックモデルとシャローモデルの二種類。
2.5~3.5号です。
ベーシックモデルは12色、シャローモデルは11色です。

2.5~3号は1,000円、3.5号は1,100円です。

アオリイカはもちろん、スミイカにも良さそうですね。

桧原湖のシャッドパターン

桧原湖で開催されるJBシリーズに参戦し、今年で4シーズンが経過しました。



久しぶりに訪れた桧原湖は新鮮で、魚も良く釣れるフィールドでした。




特に春は、シャッドやクランクなどに好反応を見せ、かなりエキサイティングな釣りを楽しむことができます。
4シーズン通い、私なりのシャッドパターンを公開しますので、良かったら来シーズン試してみてください。


一般的に、春にスモールマウスを狙うのにシャッドは欠かせません。
多くの方が、サスペンドシャッドを使い、ジャーク&ストップで狙っていると思います。
もちろん、この方法も非常に有効で、効果的な釣り方で、私も多用します。

しかし、今回公開するシャッドパターンは少し違います。

狙う水深に合わせて、底を叩けるシャッドを選択します。
狙いのエリアはスポーニングを行うエリアのハードボトムです。

スポーニングをするシャローエリアに隣接するブレイクやフラットのハードボトムなどがお勧めです。
このようなエリアで、フィーディングに入ったスモールを狙うのです。

ブレイクが急なエリアでは、シャッドよりもクランクの方が効果的なので、そのようなエリアではクランクを使いますが、サイズのよい魚が取れるのは、フラットが広い方が良いような印象もあります。


そのようなエリアでどう狙うかというと、まずはとにかくロングキャストです。
そしてミディアムリトリーブよりも早めのスピードでゴリゴリ巻きます。
この時に、ハードボトムを叩きながら巻いてくるのが大切です。

シャッドを使っている方は、ラインをフロロでやられる方が多いのですが、ロングキャストしたいのでナイロンを使っています。
PEでも良いのではという方もいると思いますが、私は2つの点でナイロンを使っています。

1 ハードボトムを狙うので、スレに弱いPEは使いたくない。
2 伸びがほとんどないPEで、比較的早く巻く釣り方ではショックを吸収しにくい。

フロロは、1や2には問題ないのですが、飛距離という点でナイロンに劣るので使いません。

お勧めは、東レ BAWOポリアミドプラス4LBです。

このラインは、ナイロンとしては初期の伸び出しが遅く、しなやかなのでロングキャストが出来ます。
ウォーターメロンライトフロールーセントというカラーも、桧原湖の水の中では目立ち難く、気に入っています。

バイトは、いきなり引っ手繰るような強烈なものから、じゃれ付いて重くなるだけのバイトまで様々です。
ショートバイトが多いのも、この釣りの特徴ですから、フックの交換も必須です。

私は、がまかつのトレブルRB-Mを使っています。
ベリーのフックを大きめ、テールのフックはやや小さめにすることが多いです。

ボトムを叩きながら、比較的早く移動するルアーを、後ろからスモールが追いかけてバイトするイメージです。
ザリガニが瞬間的に逃げているイメージや、ベイトフィッシュが散り散りに逃げるイメージにも近いです。



私がこの釣りに一番多用するのが、ラパラのシャッドラップSR7CWです。
30年以上前からあるルアーですが、非常に優れたルアーだと思います。
フィーディングに入った魚には最強なのではと思っています。

CWカラーも底質に合わせてチョイスしていますが、反応が非常に良いことが多いですね。


しかし、自信を持って挑んだ今年の第一戦では、パターン的にほぼ同じだった泉和摩さんのハンクルシャッドに敗れました。
これは、エリアに固執しすぎたのが原因だと思いますが、逆にこの釣り方に自信を持たせてもくれました。

ハンクルシャッドについては、別の機会に紹介したいと思います。



ロッドは、チューブラーならば、高弾性の物は向きません。
グラスロッドがあれば良いのですが、なかなかないのでソリッドティップのモデルを使っています。
飛距離を出したいので長めの6.7fモデルです。
一般的には、キャロライナリグを使うロッドですが、これがなかなか調子が良いです。
ジャーキングをするには不向きなロッドですが、巻き続けるにはいいですね。



こんな感じで桧原湖のシャッドパターンをやっています。
嵌ると、短時間で入れ食いますからね。


image

image

image



来シーズンぜし、試してみてください。

Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ