釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

ルアー

フックの向き バスとトラウトはちょっと違う

桧原湖用にルアーを整理していると、とんでもないことになっているルアーを発見しました。

image





こいつは、昨年タイでバラマンディを釣った際にフックを思い切り伸ばされてしまったルアーです。

ちなみに、無事キャッチはできましたけどね。



もちろんこのままでは使えないのでフックの交換です。
信頼のがまかつ トレブルRB-M #4です。


当たり前にフック交換をしていますが、実はトレブルフックにも付ける向きがあります。
皆さん、気にしていたでしょうか?


私的には、フロントフック(ボディに付くフック全て)は、前側が1本、後側が2本となるようにセッティングします。
image



そしてテールフックはその逆に後側が1本、前側が2本としています。

image




バスは基本的にルアーを吸い込んでバイトしますので、最初に刺さる針が1本の方が針先に掛かる力をロスしないで済みます。


後から吸い込んだ場合、口の上あごに当たるようにするには、後側(引いている時は上側)の針が1本の方が良い様に思っています。


ボディのフックは、横側から吸い込むのですから、ボディに邪魔されない前側(引いている時は下側)が1本の方が良いという考えです。


と思っていたら、こんな記述も見つけました。


Nishine Lure Works 裏日記 真冬のクランキング

Nishine Lure Works 裏日記 フックの装着方向


こんな考え方もあるんですね~。
勉強になりました。


そして、トラウトの場合、プロフェッサー永井浩明さんと話していたところ、教えてもらったのですが、バスとは食い方が違います。

当たり前といえば当たり前ですが。

それを意識して永井さんはフックの取り付けをやっています。

zanmu
写真はムカイHPから拝借

トラウトはバスと違って吸い込むというより、突っつく系の食い方をします。
つまりルアーのテール部分を後から突っつくイメージです。

テール部分を突っつくと、フックが前にズレ、そのままトラウトの下あごを捉え、下から刺さります。
お腹側も同様の理論です。

バスの場合は」全体を吸い込むのに対し、トラウトは一部分を突っつくような食い方なので、ボディのフックの向きが違うのですよね。

これを知らないと、ボディのフックは逆に付けちゃいますよね。


ちなみに、永井さんもスプリットリング2個派です。
私と同じ考え方をしていました(笑)
さすが、同級生です。

興味のある方は、ベリーパークinフィッシュオン王禅寺でトラウトの食い方の質問をしてみてください。
ホースのトラウトが丁寧に食い方を教えてくれるはずです。


そうそう、ベリーパークでは、GWキャンペーンを実施しています。
3名様以上でご来場いただいた方に、次回グループで使える割引券を配布中です。

これ、かなりお得ですので、ご来場の際はぜひとも3名様以上で!



NEWバンタムルアー

来シーズンの新製品情報がボチボチ流れ出してきましたね。
 


こちらはオリジナルのマクベス。
シマノHP

シマノからはバンタムシリーズの新製品「パブロシャッド59SP」「パブロシャッド59SPMR」と「マクベス50」、「ジジル70」、「ラトリンサバイブ53」の5種類が3月、4月に発売されるようです。
 
「パブロシャッド59SP」(1.7mダイバー)「パブロシャッド59SPMR」(2.7mダイバー)はジャークアシストバランサーというシステムが搭載され、リトリーブ時には高い安定性を示すのですが、一転ジャークした時はバランスを崩すという相反する機能があるようです。
 
ボトムにヒットした時も、余計に跳ね上がらないようにしているようですね。
 
カラーラインナップは20色と多いです。
気になる価格は、定価1,650円ということです。
 
桧原湖のスモールに効きそうなのは間違いないですね。
個人的にホワイトシャッドとクリアーレッドタイガーが気になりました。
 
 
「マクベス50」は「マクベス」のダウンサイジングモデルの位置づけのようです。
オリジナルサイズのものと基本性能は同じようですね。
 
価格は定価1,650円。
気になるカラーはファントムパンプキンシードとファントムクラウンですね。(全10色)
従来のオリジナルサイズは、スモールにはちょっと大きいイメージでしたが、こいつは良さそうですね。
 
「ジジル70」
ジョイントのI字型ルアーです。
このジャンルは優秀なルアーも多いのに、あえて投入してきたことをみると、相当自信があるのではないでしょうか。
チューニングでラバーを刺せるようですので、虫系としても使えるのでしょうか?
タングステンボールの重心移動システムを搭載しているので、飛距離は出そうですね。
 
止めた時にラインの重みで首を振るアクションでも誘えるということ。
単なるI字型ではないようです。
 
気になる価格は1,800円とちょっとお高めです。
カラーは12色あり、中でも5色あるホログラムカラーが気になりますね。
 
「ラトリンサバイブ53」
 
これもオリジナルサイズのダウンサイジングモデルです。
オリジナルのコンセプトを継承しつつ新たに設計したようです。
 
小さなボディながらも飛距離を重視した設計のようです。
バイブレーションは飛距離が大切ですから、これは武器になりそうですね。
 
価格も1,330円とお手ごろ価格です。
根掛かりしやすいバイブレーションだけに、嬉しい価格設定ですね。
 
カラーは10色あり、キャンディブラックがいい感じですね。
 
 
どれも発売が楽しみです!!
 

ブレードクランクM5R ブラッディタイガー

最近気になるコールドウォータークランキング。


これを考えていたときに、あるルアーが気になり出しました。


それがニシネルアーワークスが産んだブレードクランクM5Rです。


8dc0d189.jpg


e05bbe62.jpg


特徴はやっぱりこのブレードです。


f6b68c17.jpg


このブレードがニシネルアーワークスの真骨頂であると言っても過言ではないはず。


製作者の西根さんのブログでも書かれていますが、このブレードの効果は色々あります。


最初に思い浮かぶのはフラッシング。
さらにこの抵抗で千鳥ります。

私もあるルアー(泳ぎのタイプはブリブリ泳ぐ力強いタイプがいいです)のテールフックのエイト管に小さなコロラドブレードを付けて、千鳥効果が出るのを試したことがありました。

そして、意外な音もするそうです。
ブレードとフックが当たって独特の音がするそうです。

ということは、後ろのフックはブレードがカバーして根掛かりしにくいのです。
これもシャロークランクでは大きなメリットですよね。
これ、意外と誤解している人も多いと思うのですが、リトリーブ中にフックとボディが接触することって少ない(というかほとんど無い)んです。
ローリングマークが付くのは、キャスティングの際に出来るようです。
水中映像を確認してもらうと分かりますが、ほとんどのルアーが接触していませんよ。
なので、フックとブレードやボディとの接触音て、あまり魚は認識していないのでしょうね。
 
ブレードとボディが巻き起こす複雑な水流も魚を呼び寄せるキーとなっていそうです。
最近流行のI字系ベイトやプロップ系ベイトも、このように水流を起こして存在感をアピールしていますからね。
いわゆる波動は、人間でいうところの振動を含む音(音にも色々ありますが便宜上)にも当たると思うのですが、生き物が出すものには特徴があると思っています。
それに対し、ハードルアーの波動はどうしても固い音(振動)になってしまうのではないでしょうか。(伝わるかな?)
ボディがプラスティック等の生き物に比べ固い物ですから、これは仕方無いことです。
しかし、このブレードによる複雑な水流は、柔らかな波動なんだと思います。
さらに千鳥りを発生することで、規則的な動きではなく、より生き物的な動きに感じるのではないでしょうかね。
固い振動だと食べちゃいけないと思いやすいのではないでしょうか?(笑)
逆に軟らかい振動だと、食べてもいいのかなと思いやすいのでは?



うーん、使うのが楽しみです!
今回、手に入れられたのはラッキーでした。

しかも、このブラッディタイガーというカラー、いいですね~。


お腹のカラーがセクシーです!

18353ec9.jpg


赤系のカラーにお腹はチャート。
間違いなく桧原湖の早春に効きそうですね。
 
余談ですが、M5Rのシャロー版の構想からFBシリーズは生まれたそうです。
偶然の産物的な話を西根さんは書かれていますが、普通はそれに気づきませんよね。
FBシリーズが大好きな私だけに、ブレードクランクも期待大です!

美白三兄弟(^^)!

今回の桧原湖戦にはいつものスミス AR-Wピンテールの他に、エンジン SHU7とハングル アライブゴビーを用意しておいた。


AR-Wピンテールは今さら説明するまでもない優秀なワームです。
これなくして桧原湖攻略は考えられませんね。


SHU7は、トップ50の市村修平君デザインのワームで、プロトの時から気になっていたものです。


今回、初めて使いましたが、しっかりとナイスキーバーを釣ってくれましたよ。
使ったのはダウンショットワッキーでしたが、ノーシンカーやネコリグとの相性がいいように思います。


サイトでのスモールの反応は尋常じゃなかったですよ!



そして、アライブコビーは泉さんにわざわざお願いして作ってもらったカラーです。
今回は実力発揮とはいきませんでしたが、次回は活躍してくれるでしょう!





90794cef.jpg



そんな訳で美白三兄弟!
やっぱり白ですね~(^^)

虫チューン!

先日お試し買いをしたジャッカルのWAMWAM48(ワムワム48)。

5本入りにすることで価格を抑えているのがありがたいですね。



ジャッカルもようやくエコワームに力を入れてくれ、嬉しい限りです。




高比重ノーシンカー用のワームなんですが、じっと見ていたらラバーチューンしたくなり、試しにやってみました。



5本入りということで、全部にラバー刺してみました。

しかし、意外と面倒。




d184a12f.jpg




釣れたら釣れたで、またこの作業をやるのかと思うと・・・。



ちなみに完成した虫は、本家の虫ともよく似ていらっしゃる。





9861969c.jpg

先日、自宅に迷い混んだコクワガタのメス。


似てるな~(^^)





釣れておくれよ、ワムワム48!