釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

食べ物

カツカレー大盛りはなかなか手強い インター食堂

桧原湖のプリプラクティスの帰り道、GW真っ只中ということもあり、渋滞が酷いのは織り込み済み。


のんびり帰りましょう。



4時頃まで釣りをして、ボートを上げ、お片づけ。
早稲沢浜キャンプ場を出たのは5時半過ぎ。



山道を下り、猪苗代湖にぶつかり左折して下道を郡山方面へ向かいます。
途中、シェルのガソリンスタンドで車に給油した後は自分の食事タイム。


いつものインター食堂へ向かいます。



しかし、道路が結構混んでいました。
止まるほどの渋滞ではないものの、信号待ちと思われる渋滞で流れが悪かったです。


そんなこんなで安子ヶ島のインター食堂に到着したのは、7時前でしたかね。
7人組み、2人組みの次でしたが、席は空いているので大丈夫だろうということで名前を書いて待ちます。


15分ほど待って、カウンター席へ案内され、カツカレー大盛り(1,000円+100円)をオーダー。



さすが、GWということで、お店は大繁盛でした。
料理の出てくるのにもいつもより時間が掛かりましたね。


お水を飲みつつ、待っているとカツカレー大盛りが到着です。

image




予想以上に多いです。
カツは8切れ、味噌汁、サラダがついています。


これは心して食べないと危ないかもしれません。
ルーがやや少なめなので、ペース配分も重要ですね。


まずは、サラダからいただきます。
コーンにカイワレ大根、キャベツのサラダで、既にドレッシングが掛かっています。


続いて、本命カツカレーです。

カツは揚げたて、サクサクで、肉も柔らかく美味しいですね。
ソースをつけて、白ご飯と食べたり、カレーと食べたりしながら、食べ進みます。

ご飯の量が意外と多いですね。
600~800g位ありそうです。

カツの量も多いので、食べ応え十分ですね。

とはいえ、これを残す訳にもいきませんので、無事に美味しく完食です。


食後に隣のコンビニでアイスを購入。


これで、渋滞にも負けないエネルギー注入です。


郡山から高速に乗ったのが8時頃、渋滞地点の宇都宮あたりをパスするために、矢板インターで降り、4号バイパスで五霞インターを目指します。
五霞インターまでは順調に進み、10時半頃に到着です。

圏央道を藤沢目指し、0時ちょっと過ぎに到着しました。

途中、休憩は圏央道の菖蒲PAでトイレ休憩。厚木PAで一息入れた2回で走りきりましたよ。
郡山から下道ありで4時間少しですから、順調な帰り道でした。

カツ丼(並)大盛り 長岡屋

この日は所用があって外でお仕事でした。


そんな訳でお昼も外食です。

八王子めじろ台店近くのお店でいただきました。
このお店はお蕎麦屋さんですが、盛りが良いことで有名なお店です。


裏メニューでは特盛もあるとか。
特盛は尋常ではないようですので、まずは大盛りからチャレンジです。(何にチャレンジだ?)


運良く駐車場に停められ、お店に入るとテーブル席が4つ(4人掛け3つ、6人掛け1つ)とお座敷席が2つ(4人掛け2つ)あり、6人掛けのテーブル席に相席で座らせてもらいました。


オーダーはカツ丼(並)の大盛り。



麦茶を飲みつつ、待っていると約10分ほどで着丼。

image

image





なかなかの盛り具合です。
器も大きいですね。コップと比べるとその大きさが分かると思います。

サラダに味噌汁、漬物がついており、これで950円はコストパフォーマンス大ですね。


名古屋のあのお店と比べると、まだ大人しめですね。



カツは全部で7切れ乗っております。
5切れがそのまま乗り、2切れが隙間を埋める形で鎮座しています。
しかも、一切れの厚さが2センチほどあり、長さも長い(笑)

一切れを3回位に分けて食べ進めることになります。


揚げたてのカツは熱々、もちろんご飯も熱々。
卵と玉ねぎ、出汁のとのコラボも良いですね。


美味しいカツ丼を食べると幸せな気分になります。
カツとご飯を交互に口に運び、時々味噌汁、漬物で味変をして食べ進め、余裕を持って15分ほどで完食です。



食事をしているときに、お昼時ということもあり次々にお客様が訪れ、すぐに満員になりました。
人気のお店ですね。
他の人が食べているものも美味しそうなものが多く、次回訪問するチャンスがあれば、違うものを食べてみたいですね。

image


ごちそうさまでした!

ラーメン小豚

ずいぶん前ですが、今年初の二郎を食べてきました。
ここは初めての訪問になります。

これで41店舗中、21店舗目の訪問になります。
気づけばずいぶん行ったものです。
半分の数は超えましたが、最近は北は札幌、西は京都と広がったこともあり、全店行脚達成は難しいですね。



このお店は案内が非常に丁寧でした。
席に着くのも、店員さんの指示に従います。

カウンター以外にテーブル席もありましたよ。


さて、オーダーはラーメン小豚+ねぎに、野菜マシ。
image




二郎でねぎは初めてでした。
このようにどんぶりに入ってきます。

image




しばらく待って着丼。


美味しそうです!

まずはスープ。
豚の出汁でいい味でています。
美味しいスープなので、危うく完飲するところでした(笑)

麺は柔らかめですが美味しい麺です。
柔らかめなんで、食べやすいです。


野菜もたっぷりありますが、こちらも柔らかめなので食べやすいです。
久しぶりに天地返しして食べました。

野菜はスープに漬かると、美味しさが増しますね~。
ネギもいいアクセントになって美味しいです。


豚は私の好みにドンピシャで、柔らかく、脂身が美味しいかったですね。
口に入れると、とろけるようです。
大豚にすればよかったかも。


量はそれほど多くなかい方だと思いますので、大食いに自信のない方でも大丈夫だと思います。


それでも二郎ですから、満腹です。
ごちそうさまでした。







鳥天うどん大盛り おにやんま

先日、五反田TOCで開催しタックルベリーフィッシングフェスティバルから早一週間が経過しました。
多くのお客様にご来場いただき感謝するとともに、レジ待ちでは長時間お待ちいただくなど改善点も多数見られました。
課題は真摯に受け止め、次回開催する際には改善できるように取り組みたいと改めて感じた次第です。




で、そんなタックルベリーフィッシングフェスティバルの当日、藤沢から電車で移動し、五反田駅で朝食をいただきました。



朝ということで、お店の選択肢も少なかったのですが、駅前にうどんの評判が良いお店があり、営業時間も7時から開店しているようで、こちらで朝食をいただいてきました。


おにやんま


こちらのお店は五反田だけでなく、新橋や中目黒、東品川なんかにもあるんですね。


うどんは讃岐うどん、立ち食い専門のようです。
五反田駅の改札を抜け、右手に向い西口に出たら左側に進むと道路を渡った正面にお店がありました。

五反田駅からは徒歩1~2分程度でしょうか。
とっても近いです。

image




お店の入口左手に食券の自動販売機があり、こちらで券を購入です。
一番人気と思われる鳥天うどんのボタンをポチッと押し、もちろん大盛りも(笑)
そしてねぎマシもポチッとしました。
〆て520円。
image



さあ、店内へと思ったら、なんと店内満員で一人のお客様が待っていました。
気づかず入店しようとしてしまいました。(失礼しました)


うどんの立ち食いということで、回転は早いようで、すぐに入ることができました。
席は、10名分あります。


食券を渡し、セルフの水を汲んでスタッフの方のオペレーションを眺めて待ちます。
この日は一人で対応していました。


天ぷらを揚げつつ、うどんを茹で、食器を片付ける。
なかなか忙しそうです。



で、しばらく待って揚げたての鳥天が3つ乗った鳥天うどん大盛りが着丼です!

image





スタッフの方が、天ぷら熱いので気をつけてくださいねと声を掛けてくれました。
(確かに熱かった)


天カスが無料だったので少し入れ、七味を振っていただきます。


汁は透き通った一般的な讃岐うどんのタイプで、優しい味です。
うどんの腰はすごい強い訳ではありませんが、柔らかすぎることもありません。
大盛りにしたこともあり、ボリュームもありますね。

ねぎマシにしたのは正解でした。

そして、鳥天ですが、熱々で美味しいです。汁も熱いので食べる時に注意しないと口の中を火傷しますね。
食べるとしっかりとした歯応えに、鳥肉の旨みが凝縮されていい感じです。
個人的には、ゆず胡椒もあったら良かったかなと思います。

関東ではうどんやそばに七味が定番ですが、九州ではうどんにゆず胡椒を入れます。
これが美味しいんですよね。

鳥天の甘味がゆず胡椒で際立ち、味が締まるんですよね。


そんな訳で汁まで全部飲んで、ごちそうさまでした。


お腹一杯、満足でした。




食べ終わって、外に出ると長蛇の列が!
さすが人気のうどん屋さんです(^^)

チキンカツカレー

お昼はカツカレーが食べたい気分でしたので、チキンカツカレーをオーダーです。


何でも、このお店は盛りが大変よく、気軽に大盛りをオーダーすると大変な目に合うとか。



水を飲みつつ待っていると、どなたの注文も凄い量の物体が運ばれています。

うま煮そばだと思うのですが、普通の土鍋に入り、さらにお盆にこぼれる有様。
こぼれの美学を追求したビジュアルです。



そんな風に店内あちこちでフードバトル勃発です。


この日はあまりお腹が空いていなかったので、多少後悔しつつ待っていると、着丼です。

image




あー、やっちゃいました。
この大きさ、やばいですね。
しかも、意外とお皿が深いですよ。

チキンカツだけでなく、コロッケやバナナ、野菜サラダ、トマトも乗っています。


チキンカツは揚げたてで柔らかいです。
しかし、揚げ物は早めにやっつけておかないと、大変なことになるのは経験済み。
チキンカツを中心に、食べ進めます。

時折、コロッケに浮気をして食感を変えつつ食べ進みますが、1/3位で結構満腹感が。
何とかチキンカツを食べ終え、バナナで一息を入れます。

残りは1/3ほどですが、ここからがかなり大変でした。
キャベツの食感で誤魔化しつつ、食べ進めます。

何でこんな思いをしながら食べているのかと邪推なことが頭をよぎりつつ、残すのは勿体無いので自分を許せません。
残りはルーとご飯になり、約25分で何とか完食。

image



お腹一杯です。
これで1,050円ですから、コストパフォーマンス大です。

次回行く機会があれば、うま煮そばを食べてみたいですね。
ぼんち食堂、恐るべし!


ごちそうさまでした。


image