釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

がまかつ

ジャパンフィッシングショー2018イベント情報

ジャパンフィッシングショー2018が明日19日からパシフィコ横浜で始まります。


出展する各メーカーが色々な催しを行いますが、私が日頃お世話になっている2つのメーカーのイベントをご紹介したいと思います。

Screenshot_20180118-215746


東レでは、今江さんのバスボートをステージにし、各種のイベントが行われます。
今江さんから限定カレンダーのプレゼントやIMAKATSUルアーもざっくざっくと盛り沢山の豪華商品をプレゼントが用意されているようです。

そして今年はこんなこともやっちゃいます!
今年の東レブースのイベントは★ライン結び 診断★
東レが誇るラインのスペシャリスト開発スタッフによる結び目診断も実施します! 結び目をマイクロスコープで読み取り、スクリーンで確認診断いたします。

Screenshot_20180118-215758


ラインの結びに関して、お悩みのあなた! 強い結び方、実はコツがあるんです! ぜひ、開発スタッフにご相談ください! また、結びに自信のある方! トッププロとの結び対決もあるかも! ぜひ、東レブース内・イベントスペースまでお立ち寄りください!

これは面白そうですね~。


トークショーのスケジュールはこんな感じです!

Screenshot_20180118-215806

Screenshot_20180118-215813

Screenshot_20180118-215820

Screenshot_20180118-215828

Screenshot_20180118-215834

Screenshot_20180118-215841

Screenshot_20180118-215847

Screenshot_20180118-215854

日曜日には私も行きますので、東レ・モノフィラメント/IMAKATSUブースでお待ちしております!



がまかつでは、ハードルアーをフックカバーを付け、ケースに入れて持ってくると新しいトレブルフックと交換するというイベントをやっています。
20日、21日の両日、時間は10時~12時、13時~15時です。
がまかつのトレブルフックの鋭さと、耐久性をぜひ体験してください。

Screenshot_20180118-215954



その他にもステージでは各種の釣り物のセミナーがめじろ押しです。
こちらも時間をチェックして見逃さないでくださいね。

Screenshot_20180118-220005

Screenshot_20180118-220017

Screenshot_20180118-220024
Screenshot_20180118-220032
Screenshot_20180118-220039

がまかつ2018カタログ

本日、帰宅するとがまかつさんからカタログが届いていました。


DSC_0181


早速、中を見てみると。
気になる新製品ありますね~。

まずはこちら。

DSC_0182

ワームフック  コンタクトマスターです。
サイズ毎にワイヤーの線径を調整しています。
いわゆるヤマメ針系の形状で、初期掛かりが良さそうですね!
サイズも#10、#8、#6の三種類。
11本入りで300円。



続いてはこちら

DSC_0183

ワームフック  LDマスター

福島健君のプロデュースだそうです。
リーダーレスダウンショットのストレスを軽減するデザインだそうです。
アイを大きくし、フレキシブルに動くようにしたり、ファーストシャンクを長くしてワームのホールド性を高めたり、エントリーアングルをアイに向け、ロングテーバードのフックポイントで貫通力を高めているそうです。
もちろんナノスムースコート採用です。

私はリーダーレスダウンショットはあまり使いませんが、良さげですね。

サイズは#1~#4/0まで。
#1は7本入り、#1/0は6本入り、#2/0~4/0は5本入り。各サイズ400円です。


そしてこちらは追加モデル。

DSC_0184
DSC_0186

トレーラーフックとダブル21にナノスムースコートモデルが追加です。

ナノスムースコートの刺さりを体験したら、他の針では満足出来なくなりますからね。

抵抗なく刺さりますからね。


そして、がまかつフックの特徴である耐久性。
最近のフックは針先が鋭くて当たり前です。
しかし、使って行くうちに鈍っていきますよね。
コレがとにかくがまかつのフックは鈍らないです。
完全に鈍らない訳ではありませんが、鈍るのが遅いです。

この耐久性を使って、体験してみてください。

トレーラーフック
#4~#1/0(#4  6本入り、#2、1  5本入り、1/0  4本入り)
各サイズ450円。


ダブル21
#12~1/0(#12~2  5本入り 450円、#1~1/0  5本入り 500円)


そして変わり種としてはこちら。
DSC_0185

餌木です。
その名もEVOLIGE(エヴォリッジ)です。

ベーシックモデルとシャローモデルの二種類。
2.5~3.5号です。
ベーシックモデルは12色、シャローモデルは11色です。

2.5~3号は1,000円、3.5号は1,100円です。

アオリイカはもちろん、スミイカにも良さそうですね。

タチウオジギング 愛媛県松山市ニライカナイ

愛媛県松山市のニライカナイさんからタチウオジギングに行って来ました。


[画像:854a01e4-s.jpg]

[画像:c8757710-s.jpg]


天候は生憎の雨模様ながら、風はほとんどなく釣りはしやすいコンディションです。


朝7時に港を出発。
呉方面に1時間ほど走り、タチウオ船団に合流しました。

[画像:cb722536-s.jpg]
[画像:fac9d30a-s.jpg]

このところジギングでは余り調子が良くなく、テンヤ狙いの方々が多いそうです。


水深は50~70メートル位を終始狙いましたよ。


第1投で強烈なバイト!

掛けた瞬間走り、タチウオではないような引きでラインブレイク。

隣の同行者にも同じような強烈なバイト。
上がってきたのはエイ!

私のもコイツですね。


そこから、ポツポツアタリはあり、船中でもタチウオがキャッチされます。


ジグはジャッカルのアンチョビメタルのタイプ1、2、3がメインです。

[画像:c6a2cd52-s.jpg]

ダイワの鏡牙も良かったです。

ワンピッチジャークの後のフォールに良く当たりました。
また、アンチョビメタルのタイプ3の早いワンピッチジャークの後のスライドフォールも良かったですね。

リズミカルのジグをシャクリ、ガツンと来る当たりはたまりませんね~。

飽きない程度にバイトがあり、関東から来た者としてはいい感じでしたが、こちらでは不満な様子です。

確かに細いタチウオが多く、最大指4本程度でしたからね。



そんなこんなで実釣4時間半弱、8人でこんな感じでした。


[画像:4421ecb7-s.jpg]

タチウオジギング初体験の方もいたので、大健闘ですね。


私は二桁に乗った程度でしたが、久しぶりのタチウオジギングは楽しかった~。


最大魚は、アンチョビメタルのタイプ2の赤金160グラムでした。


ニライカナイさん、ありがとうございました!


タックル
ロッド
アブ ソルティステージライトジギングSLC-63-66タチウオスペシャル
リール
アブ ソルティステージ REVO BJ
アブ モラムZX3601IVCB
ライン
東レ スーパーストロングPE船F4  200メートル 0.8号、1号
リーダー
東レ トヨフロンプレミアム船ハリス 10号
バイトリーダー
東レトヨフロンプレミアム船ハリス16号
ルアー
ジャッカル アンチョビメタル タイプ1、2、3  130g、160g、ダイワ 鏡牙 130g
フック
がまかつ トレブル13 ♯1
がまかつ タチウオアシスト♯2

JBトップ50第5戦2日目開催!

初日が中止となったトップ50第5戦ですが、2日目は開催されるようです。


途中で中止の懸念もありますが、選手の皆さん頑張ってください!

[画像:2367881c-s.jpg]


JB桧原湖第4戦イマカツカップ

日曜日はJB桧原湖の最終戦。
[画像:6ef9e8c9-s.jpg]

[画像:b4e12d99-s.jpg]



前日のプラクティスは、仕事の都合で出来ず、夜中に桧原湖入り。


という事で、台風で荒れるでしょうから、ハードルアーで強気に行こうと考えていました。


土曜日にこまつ305号店に市村修平君が顔を出してくれたので、桧原湖の話をしてヒントをもらいました。。


そんな訳で、スタート後はそれを試しに向かいます。

[画像:4d8f8a86-s.jpg]


スタートは第2フライトの後ろの方なので、先行者がたくさんですが、何とかスペースを見つけ入ります。


周辺では、ポツボツ釣りますが、私にはノーバイト。
約一時間ほど我慢しますが、完全無なのでハード勝負に。


風に乗りながら、クランクを投げ続けますが、これまた反応なし。
10時過ぎに朝の場所に戻り、5~6メートルのブレイクにベイトの反応を発見。


キャロを入れると、あれほど反応がなかったのにバイトが。
約700グラムのナイスフィッシュ。


続けてバイトが出て、ヒットしますがことごとく巻き始めてからしばらくでバラシます。


最初の魚も皮一枚だったので、そのためか?
まずは、フックサイズを上げてみますが、やはり改善できません。


しかし、ノンキーは釣れるというアルアルです。


ようやく2本目の600グラムをキャッチ。


ここからベイトの反応が薄くなり、バイトが遠退きます。
小移動を行い、12時20分にやや深めのラインで700グラムをキャッチしリミットメイク成功。



すぐに糠塚島裏に走り、スピナーベイトを投げまくるも追加ならずに帰着です。


検量の結果、1986グラムで42位。

IMG_0211


年間成績も72位と散々な一年でした。
こんな成績では続けるべきか悩みます。


最終戦のバイトラッシュを演出したのはルアーの力だと確信しました。

フックセッティングはやや難しいものの、威力抜群でしたね。



タックル
ロッド:ABU ファンタジスタスチュディオスFSS-67LS

リール :2500番

ライン :メインライン  東レ メバリングPE0.4号
リーダー  東レ トヨフロンスーパーL-EX 0.8号

シンカー:2.7グラム

フック:がまかつ ワーム300 #1/0

ワーム:スタッガーワイド2.7インチ



今回のお立ち台
[画像:93c9bc2c-s.jpg]


年間上位5名
[画像:16802b98-s.jpg]

年間1位は泉さん!
Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ