釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

カツカレー

暑い時はカツカレー

今年の夏は涼しい日も多かったですが、暑い日は容赦なかったです。



そんな暑い日は辛いものが食べたくなります。



ということで、カツカレーです。


神栖市にある嵯峨野というお店です。

ここは大盛りがなく、中盛りまでなんですが、それでもかなりのボリュームです。


カツカレー中盛り(1,100円)


[画像:3f3259aa-s.jpg]




深めのお皿にご飯が一杯。
野菜サラダがあるのも嬉しいですね。


カツはそこまで大きくなかったので、意外とスイスイ食べられました。
優しい味のカレーでしたね。


このお店は、これ以外の料理の盛りも良いそうですので、チャンスがあればまた行きたいと思います。

[画像:744cce96-s.jpg]



ご馳走様でした。

カツカレー大盛り あすなろ食堂

桧原湖でのトーナメントが終わり、大会の後片付けも終了すると、現地はなかなかのゲリラ豪雨。


そんな中でのボートの後片付けは辛いものです。



何とか終了し、神奈川に向けて出発です。
翌日が祝日ということもあって、下道の新規ルートを開拓してみます。



桧原湖を下り、猪苗代湖にぶつかるまで直進し、左折。
そのまましばらく道なりに進み、上戸交差点を右折します。
ここから白河目指して走りましたが、道は悪くなく、車が少なかったので走りやすかったですね。


早稲沢浜キャンプ場を5時頃に出発したと思いますが、途中49号線での事故渋滞があったのでタイムロスしたものの、約2時間で白河に到着しました。


で、白河のあすなろ食堂で晩御飯を食べて帰りました。
image
image

あすなろ食堂は、デカ盛りで有名なお店です。

何とか営業時間に間に合い、店内へ。

店内はカウンターが5席、6人掛けのテーブル席が3つ、お座敷が2席くらいでしょうか。
比較的こじんまりとしておりますが、綺麗な店内でした。
また、取材も多く受けているようで、色々な方のサインも飾ってありましたよ。
image
image
image




メニューは色々と興味深い料理がありましたが、カツカレー(980円)の大盛り(+200円)をオーダーです。


しばらく待ってカツカレー降臨!
image





かなりのボリュームですね。

サラダに、スープも付いています。
カツは2枚乗っており、1枚は150gほどでしょうか。
ご飯は、平らなお皿なので、少なく見えますが、意外と多いですよ。


まずはべジファーストということで、サラダを食べ、次いでカツを一口。
揚げたてのカツは旨いですね。

続いてカレーをパクリ。
辛さは控え目で、食べやすいですね。

カツを一口、カレーを一口と食べ進め、最後の2口くらいはかなりきつくなってきましたが、無事に完食。
最後にスープを飲み干し、ごちそうさまでした。


お店の方に、美味しかったですと伝えたところ、満面の笑みで返してくれました。
いいお店ですね。
駐車場もしっかり完備です。
image



今度はあすな定食かな~。

ご馳走様でした。

とんかつ赤城のカツカレー大盛り

相模原のカツカレーを語るにおいて、避けては通れない名店がこのとんかつ赤城のカツカレー。
image
image




噂は以前から聞いておりましたが、以前立ち寄った際はまさかの臨時休業?




ということで、アルゼンチンからの客人を伴って、炎の乱取祭り後の食トレとして行ってみました。



今回は、無事に営業しており、店頭には6人ほどお待ちでした。
駐車場に車を停め、外待ちの列に並びます。



この日は暑かったので、外での待ちは大変ですが椅子があり助かりました。
まずまずの回転で列が進みますが、外待ちの人にも先にオーダーを聞くなどの工夫があってのこと。
image




私はカツカレー大盛り(1,200円)を、リカルドさんはカツカレー(1,000円)をオーダー。
大盛りは多いですがと、軽く制止が入りますが、大丈夫ですと答えてオーダーが通りました。


そして、店内へ。


店内は10名が座れるカウンターのみのこじんまりとした店作りです。
オーダーされた方に対し、キャベツの盛り方などの確認をしてくれるなど、細やかな気遣いが見られます。


キャベツの盛りはマウンテンタイプですよ。


冷たい麦茶で喉を潤しつつ、カツカレーの到着を待ちました。



そして、カツカレー大盛り降臨!
image



平べったいお皿に、こんもりと盛られたキャベツ、揚げたてのカツ、高さ5センチほどのご飯にたっぷりのルーが乗せられた一品です。
リカルドさんもビックリ!


続いて普通盛りのカツカレー降臨!
image


こちらもなかなかの盛りの良さです。
二人揃っていただきます!!


まずは、カレーを頬張ります。
粘度の高めの優しい味のカレーです。
安心できる味ですね。


カレーを食べ進め、お皿にスペースが出来たところでややカツが冷めたところで、そのスペースにカツを移し、特製ソースを掛けていただきます。
とんかつ屋さんは、このソースが美味しいですよね。


カツを食べ、カレーを食べという感じに食べ進め、先にカツを制圧。
残りのカレーもドンドン食べ進め、残りはキャベツの山のみ。


このあたりでリカルドさんは、野菜を少し残しましたが食べ終わっていました。


キャベツには醤油ベースのドレッシング、ゴマベースのドレッシングを掛け、無事に完食!


お腹一杯になりましたよ!
デザートは別腹なのは当然ですが(笑)


とんかつ赤城は噂通りの美味しいお店でした。
私たちが食べ終わった後も、外で待つ人は減らず、多くの方に愛されているお店ですね。


また、食べに来たいものです。

カツカレー好きなリカルドさんも満足してくれたようです。
ご馳走様でした!

カツカレー大盛りはなかなか手強い インター食堂

桧原湖のプリプラクティスの帰り道、GW真っ只中ということもあり、渋滞が酷いのは織り込み済み。


のんびり帰りましょう。



4時頃まで釣りをして、ボートを上げ、お片づけ。
早稲沢浜キャンプ場を出たのは5時半過ぎ。



山道を下り、猪苗代湖にぶつかり左折して下道を郡山方面へ向かいます。
途中、シェルのガソリンスタンドで車に給油した後は自分の食事タイム。


いつものインター食堂へ向かいます。



しかし、道路が結構混んでいました。
止まるほどの渋滞ではないものの、信号待ちと思われる渋滞で流れが悪かったです。


そんなこんなで安子ヶ島のインター食堂に到着したのは、7時前でしたかね。
7人組み、2人組みの次でしたが、席は空いているので大丈夫だろうということで名前を書いて待ちます。


15分ほど待って、カウンター席へ案内され、カツカレー大盛り(1,000円+100円)をオーダー。



さすが、GWということで、お店は大繁盛でした。
料理の出てくるのにもいつもより時間が掛かりましたね。


お水を飲みつつ、待っているとカツカレー大盛りが到着です。

image




予想以上に多いです。
カツは8切れ、味噌汁、サラダがついています。


これは心して食べないと危ないかもしれません。
ルーがやや少なめなので、ペース配分も重要ですね。


まずは、サラダからいただきます。
コーンにカイワレ大根、キャベツのサラダで、既にドレッシングが掛かっています。


続いて、本命カツカレーです。

カツは揚げたて、サクサクで、肉も柔らかく美味しいですね。
ソースをつけて、白ご飯と食べたり、カレーと食べたりしながら、食べ進みます。

ご飯の量が意外と多いですね。
600~800g位ありそうです。

カツの量も多いので、食べ応え十分ですね。

とはいえ、これを残す訳にもいきませんので、無事に美味しく完食です。


食後に隣のコンビニでアイスを購入。


これで、渋滞にも負けないエネルギー注入です。


郡山から高速に乗ったのが8時頃、渋滞地点の宇都宮あたりをパスするために、矢板インターで降り、4号バイパスで五霞インターを目指します。
五霞インターまでは順調に進み、10時半頃に到着です。

圏央道を藤沢目指し、0時ちょっと過ぎに到着しました。

途中、休憩は圏央道の菖蒲PAでトイレ休憩。厚木PAで一息入れた2回で走りきりましたよ。
郡山から下道ありで4時間少しですから、順調な帰り道でした。

Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ