釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

ノーザンオープン

2017 Bass Pro Shops Northern Open 第3戦初日


2017 Bass Pro Shops Northern Open  第3戦初日が終わりました。


初日は、オット・デフォーが17ポンド5オンスで首位。

rtl


マイク・ワトソンが16ポンド9オンス、ウィル・ハーディーが15ポンド7オンスと続き、以下14ポンド台が4人、13ポンド台が4人となっています。

ビッグフィッシュは5ポンド11オンス(約2.7キロ)で、チャド・ピップケン。

rtl

[画像:a9c0a937-s.jpg]


前回好調だった日本勢は、並木敏成選手が12ポンド9オンスで12位(12ポンド台は2人)、伊豫部健選手が10ポンド1オンスで23位、加藤誠司選手は2ポンド11オンスで100位、深江真一選手は1ポンド8オンスで108位でした。

[画像:8d744570-s.jpg]


並木選手、伊豫部選手はまずまずのスタートでしたが、加藤選手、深江選手は苦しいスタートとなりました。


全体的にローウェイトかつウェイト差が比較的ある状態で進んでいますので、安定した結果を残すことが求められますね。

参加124名でウェインは115名。リミットメイクは50名と厳しいレイクコンディションということが伺えます。
2日目もどうなるかが分からない展開となりそうですね。

2017 Bass Pro Shops Northern Open 第3戦

2017 Bass Pro Shops Northern Open  第3戦が9月7日~9日の日程でテネシー州ダグラスレイクで始まります。

[画像:36378276-s.jpg]



ノーザンオープンは3試合ですから、この結果でエリートシリーズへの出場権が決まります。



日本からは、加藤誠司選手、並木敏成選手、伊豫部健選手、深江真一選手の4名がボーターでエントリーです。

日本でもJBトップ50第4戦が桧原湖で開催されますが、どちらも気になりますね。

BASS ノーザンオープン第2戦

現地時間8月3日~5日の日程で、アメリカのバージニア州リッチモンドのジェームスリバーでBASSノーザンオープン第2戦が開催されます。

[画像:dc5ac30d-s.jpg]



日本からも、ボーターとして加藤選手、並木選手、伊豫部選手がエントリーしています。

[画像:d57084da-s.jpg]


深江さんもエントリーしているはずと思ったら、テキサス州在住の場所に名前がありました(笑)

[画像:c8cce9e3-s.jpg]


リーダーズボード


会場のジェームスリバーはタイダルリバーということで、潮の干満の影響を受ける場所だそうです。
日本ではあまり見かけない釣場ですが、アメリカでは結構あるフィールドです。


当然、干潮に近い時が良い場所や、その逆に満潮に近い時が良い場所があります。
イメージ的には海に近い感じでしょうか。


日本からの3人に、現地の深江選手は頑張って欲しいですね。


並木さんのサポートしている、FLWのコアングラー部門にエントリーしている渡辺さんのブログにもプラクティスからの模様が書かれていますので、読んでみてはいかがでしょうか。


渡辺さんもそうですが、このように日本からはるばる海を越えてトーナメントに出場するなんて、私が学生時代には夢のような話でした。

泉さんや、吉田幸二さん、下野さん、田辺さんなどが、先駆者となり、大森選手や深江選手、並木選手、清水選手などが続きました。
参加するだけでも非常に大きな労力と、リスクを伴います。

トーナメントはもちろん勝つのも難しいのですが、継続的に参戦する体制を整えることが非常に難しいのです。
そんな意味からも、アメリカで頑張っている選手を応援したくなりますね。


余談ですが、母校のサッカー部がインターハイの決勝に進出しました。
しかも、タイムアップ寸前のアディショナルタイムに奇跡の同点弾が飛び出し、PK戦を制しました。

決勝は前回大会準優勝の流通経済大柏です。
知り合いの息子さんもこのサッカー部に在籍しているそうです。
どちらも負けずに頑張って欲しいですね。
Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ