釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

東レ

JBクライマックスエリート5

今年のJBクライマックスエリート5の出場者は、青木大介選手、市村修平選手、山岡計文選手、市村直之選手、小林明人選手の5名がエントリーしました。



本日、未確認の情報ながら北浦・霞ヶ浦水系で開催され、山岡計文選手が優勝したようです。

2日間トータル7,412g。

2位 青木選手は6,208g。

3位 小林選手は3,294g。

4位 市村修選手は2,488g。

5位 市村直選手は698g。

小林選手、両市村選手は、それぞれ1日ノーフィッシュだったようです。


山岡選手は東レサポート。
久しぶりに東レサポートの選手がエリート5で優勝ですね。


個人的に楽しみなのが、3位の小林選手の釣り。
かなり衝撃的な釣りが見られるのではないでしょうか。

JB桧原湖第4戦イマカツカップ

日曜日はJB桧原湖の最終戦。
[画像:6ef9e8c9-s.jpg]

[画像:b4e12d99-s.jpg]



前日のプラクティスは、仕事の都合で出来ず、夜中に桧原湖入り。


という事で、台風で荒れるでしょうから、ハードルアーで強気に行こうと考えていました。


土曜日にこまつ305号店に市村修平君が顔を出してくれたので、桧原湖の話をしてヒントをもらいました。。


そんな訳で、スタート後はそれを試しに向かいます。

[画像:4d8f8a86-s.jpg]


スタートは第2フライトの後ろの方なので、先行者がたくさんですが、何とかスペースを見つけ入ります。


周辺では、ポツボツ釣りますが、私にはノーバイト。
約一時間ほど我慢しますが、完全無なのでハード勝負に。


風に乗りながら、クランクを投げ続けますが、これまた反応なし。
10時過ぎに朝の場所に戻り、5~6メートルのブレイクにベイトの反応を発見。


キャロを入れると、あれほど反応がなかったのにバイトが。
約700グラムのナイスフィッシュ。


続けてバイトが出て、ヒットしますがことごとく巻き始めてからしばらくでバラシます。


最初の魚も皮一枚だったので、そのためか?
まずは、フックサイズを上げてみますが、やはり改善できません。


しかし、ノンキーは釣れるというアルアルです。


ようやく2本目の600グラムをキャッチ。


ここからベイトの反応が薄くなり、バイトが遠退きます。
小移動を行い、12時20分にやや深めのラインで700グラムをキャッチしリミットメイク成功。



すぐに糠塚島裏に走り、スピナーベイトを投げまくるも追加ならずに帰着です。


検量の結果、1986グラムで42位。

IMG_0211


年間成績も72位と散々な一年でした。
こんな成績では続けるべきか悩みます。


最終戦のバイトラッシュを演出したのはルアーの力だと確信しました。

フックセッティングはやや難しいものの、威力抜群でしたね。



タックル
ロッド:ABU ファンタジスタスチュディオスFSS-67LS

リール :2500番

ライン :メインライン  東レ メバリングPE0.4号
リーダー  東レ トヨフロンスーパーL-EX 0.8号

シンカー:2.7グラム

フック:がまかつ ワーム300 #1/0

ワーム:スタッガーワイド2.7インチ



今回のお立ち台
[画像:93c9bc2c-s.jpg]


年間上位5名
[画像:16802b98-s.jpg]

年間1位は泉さん!

山中湖チャプター第3戦東レバウオカップ結果

本日は山中湖チャプター第3戦東レバウオカップが山中湖湖明荘を会場に開催されました。


image



あいにくの雨模様の天候ですが、12名の山中湖マイスターが集まりました。


image



朝の気温は20度を下回り、肌寒い位の陽気でしたが、風はなく釣りやすいコンディションでした。

image


朝のミーティングの後、スタートです。


image



選手は思い思いの場所に向かっていきます。
先月に行われた放流魚も落ち着き、ネイティブ主体の展開が予想されました。



選手は帰着時間ギリギリまで粘り、5名の選手がウェインしました。



image

5位は浅井選手。
ダウンショットでキャッチです。



image

4位は及川選手。
帰着して桟橋でキロフィッシュを逃がしてしまい、惜しくも一本のみでウェインです。
ダウンショットのHPシャッドテールで二本ともキャッチしたそうです。



image

3位は、第2戦の優勝者加藤選手。
ダウンショットのフォールクローラーでキャッチです。



image

2位は帝王川上選手。
先日開催された別団体の大会の時に悔しい思いをしたディープクランクベイト(ブリッツマックスDR)を使ってリベンジです。
天候から考えてもハードベイトは強く、ウェインした魚よりも大きい魚を逃がしたとか。



image

優勝は桐生選手。
シャローをロングディスタンスで攻略し、見事に2キロオーバーをキャッチ。
初優勝を飾りました!


image


来週にプロ戦を控えているため、皆さん言葉少なでしたが、来週もぜひ頑張ってください。


優勝の桐生選手はお立ち台は何度もありましたが、念願の優勝を勝ち取り、とても嬉しそうでしたね。
来週も連覇して欲しいものです。


image



いよいよ次回9月3日のスミスカップで最終戦です。
加藤選手の逃げ切りが決まるか、今回お立ち台に上がった4名が逆転するか、まだ予断が許さない状況です。


最終戦も皆さんよろしくお願いいたします。


最後に、今回冠を持っていただいた、東レモノフィラメント様、ありがとうございました。

山中湖チャプター第3戦東レBAWOカップ開催!

ca1f3c5b.jpg

さて、今週末の30日の日曜日、山中湖湖明荘さんを会場に、NBC山中湖チャプター第3戦が開催されます。



7月9日に開催された山中湖第2チャプターでは、6月29日に行われた放流の効果もあり好釣果が聞かれましたが、今回はどうでしょうか。

569821c6.jpg

こんな魚が釣れるかな~?


放流魚も徐々に落ち着き、ウィードが少ないのでディープ狙いと行きたいところですが、ディープはニゴイの巣窟と化している可能性も高い。
リスク承知で、シャロー攻略ですかね~。


ハイリスク、ハイリターンの湖となっている山中湖ですが、それだけに攻略した時の喜びは格別です。


スタッフ一同、チャレンジャーをお待ちしております!

JBトップ50第3戦東レソラロームカップ初日

JBトップ50第3戦東レソラロームカップの初日が終了しました。


結果は60アップを仕留めた小林知寛選手がトップ。
続いて今江選手が続き、昨年の優勝、準優勝の青木選手、小森選手が僅差でついています。

image


なかなか面白い展開になっていますね。

10位にはプリプラから色々なトラブルに見舞われた大学の後輩植田選手がつけています。

今回こそ、予選通過して欲しいものです。


Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ