釣りは何でも楽しい!vol3

気づけばアラフィフになってしまいました。旧ブログ「釣りは何でも楽しい!vol2」から移設し、新規に「釣りは何でも楽しい!vol3」となりました。 今まで通り、釣り、格闘技、食べ物のことを中心に日常の出来事を書いていきます。 よろしくお願いします。

ご意見、お問い合わせなどがございましたら、お手数ですが下記のアドレスへメールでお願いします。
bassmas1969@gmail.com
運営管理者 sprint296

水位

JB桧原湖第1戦をデータから振り返る

毎年GW明けに開催されるJB桧原湖シリーズの開幕戦。
今年は解氷が遅く、例年とは違う動きを見せました。
image





2012年から2017年の6年間のデータを基に振り返ってみたいと思います。



水位は、雪解けの影響があり、満水のことが多いですが、2016年は1.5m減、2013年も50センチ減という状態でした。
水温は2012年、2014年、2017年が9~10度程度と低く、2013年、2015年、2016年は13~15度程度を記録していました。

2012年の参加者が115名で最小で、その後、117名、123名、120名、130名、126名と推移しました。

検量率(ウェイン率)は、2012年が67.0%、その後、83.8%、65.0%、80.8%、69.7%、56.3%と推移しています。
水温の低かった2012年、2014年、2017年の検量率が低いことが分かります。
また、水位が極端に低かった2016年も良くありませんでした。


リミットメイク率は、2012年が34.8%、その後、58.1%、21.1%、45.0%、28.0%、17.5%と推移し、検量率の傾向と類似した結果になっています。


検量された魚の数は、釣り上げた魚の数とは違いますが、参考になるので記してみます。
2012年が170匹、その後、247匹、162匹、225匹、188匹、124匹となっており、今年の厳しさが際立っているのが分かります。


バス1匹あたりの平均ウェイトは、2012年が642g、その後、688g、735g、668g、704g、787gとなっており、サイズアップしている状態に見えます。
また、水温が低めの年は、サイズが大きい傾向があり、高めの年はその逆の傾向が見られます。
水温が低い時期は、大型の個体は動けるけど、小さめの固体は動けないということでもあると思います。


平均ウェイトは2017年が最重量ながら、優勝ウェイトは唯一の2キロ台と面白い結果でした。
2016年は4キロオーバーというとてつもない記録が残されました。
その他の年も3キロ後半を記録しています。
2013年、2015年は3キロ前半でしたから、比較するとやや低めですね。
平均では、3,519gと、1,200gフィッシュ2本に1,100gフィッシュというような感じです。


お立ち台となる、5位のウェイトは2012年 2,534g、その後 2,736g、2,623g、2,460g、2,770g、2,610gとなり平均では 2,622gでした。
800g2本に、キロフィッシュというような組み合わせですね。


昨年も2キロオーバーのスモールがキャッチされましたが、今年も1,820gのビッグスモールがウェインされていました。
ウィニングウェイトや上位入賞のボーダーラインが上がることが予想できます。

バスの平均ウェイトが上がるのは悪いことではありません。
それに伴い小さいサイズが増えているという条件付きになりますが。

どのフィールドもバスのコンディション確保が課題です。
今年から桧原湖もスポーニングシーズンのスポーニングエリアの釣りを、JBNBCでは自粛(エリア外)とすることになりました。

この結果、スポーニングが上手く行き、いつまでも釣りを楽しめるフィールドを維持できるといいのではないかと思います。
釣人としては矛盾した部分になるのですが、それでも悪い取り組みではないと思います。

スポーニングシーズンの釣りも面白いですから、やるなとはいえません。
釣り上げたら速やかにリリースするだけでも随分違いますから、そんなことでも気にするだけでもいいのではないでしょうか。

JB桧原湖第1戦詳細~①プリプラ編

先週14日に桧原湖で開催されたJB桧原湖シリーズ第1戦ジャッカルカップ。


プリプラの様子から振り返ってみたいと思います。
image



プリプラは前週の5/3の午後、5/4と1日と少しの日程で行いました。
image

桧原湖は4/28に 解氷し、29日には明け方薄氷が張るなど、例年よりも春の訪れが遅い感じでした。

水位も雪が多いことから、日増しどころか時間増しで増えており、プリプラの2日間でも30センチ以上増えた感じでした。


水温は6~8度台で、上がりかけている途中なんだと思います。
気温は20度半ば位まで上がり、半袖でもOKな位まで昼間は上昇し、このあたりにイメージのギャップが見られました。


湖の中は、地上とは違いようやく春の訪れを感じ始めた段階で、春のポジションに魚が上がりきっていない感じでした。
特に初日は、少ない魚もコンディションが整わず、動きが鈍い印象でした。 

プリプラに入っていた選手も、大半がノーフィッシュということで、トップでも3本程度と厳しい結果でしたね。
もちろん私も初日はノーフィッシュでした。


2日目も初日同様に 春の定番と思えるエリアをチェックしますが、反応なしが続きます。
無名島のあたりは水温7度台と低く、まったく反応なしでした。


糠塚島裏も8度台ながら、魚が差してきたイメージが感じられず終いでした。
シャローフラットが広いので上がりにくいのでしょうか?


双子島のエリアで岬に絡んだハンプでようやくシャッドに初バイト。
これが900g代のナイスフィッシュです。
image
image



続いてヒットルアーをロストしたので、ルアーチェンジをして 同じエリアを釣ると、またしてもヒット。
シャッドのドラッキングで狙うのが効果的だったようです。


このエリアにはベイトも多く、風もプロテクトされ、急なブレイクもあり春の訪れが早かったのかも。
ちなみに水温は8度台でした。 
ベイトは狙っているハンプに多いというより、その周辺含めて多かったですね。


続いて、この釣れ方をヒントに狐鷹森の沖のハンプ周辺を同じように狙うと、東レサポートの村田選手の前でヒット。
見せつけようと抜く瞬間にラインブレイクしましたが、800gクラスのナイスフィッシュでした。


これで釣り方、エリア等が確信できましたね。

気温などの状況から、状況は急激によくなると予想し、プリプラクティスは終了しました。


水位もコンクリート桟橋の下側まで増えており、満水になることが想像できましたね。

さて、本戦の直前プラ、試合当日に続きます。 

桧原湖プリプラ

3、4日の日程で桧原湖にプリプラクティスに行ってきました。

image


まずは、マイボートを車検等で預けてあった北浦のBSOへ。

車検と合わせてギアオイル、インペラの交換、トレーラーのベアリング交換などをお願いしておりました。

インペラもベアリングもギリギリのタイミングで間に合った状態でした。
皆さんもお早めに交換することをお勧めします(^^;


8時45分頃にBSOを出発し、神宮橋を渡って51号へ。
鹿島サッカースタジアムの横を通り、6号にぶつかるまで51号を北上し、6号へ入ります。

途中、大洗の辺りで車が多くなりましたが、概ね順調なドライブでした。
窓を全開、サンルーフも開けて、風を感じながら走りましたが、気持ち良かったですね。

日立南インターから常磐道に入り、いわきから磐越道へ。

久しぶりの磐梯山。
image

信号待ちのタイミングでパチリ。


桧原湖、早稲沢浜キャンプ場には1時半頃に到着です。


受付を済ませ、ボートの準備をして友人を待ちます。
この日は時間も短いので、二人で出撃です。


心配していた水位はちょうど昨年位でしたが、日に日に増えている状態です。
気温も高く、半袖Tシャツで日があるうちはOKです。
さすがに日が暮れ始めたら寒かった。


水温は6~8度位。
時間も短いことから、ハードルアー中心にエリアを広く見ていきます。

しかし、何も起きません。
周囲にボートもたくさんいますが、ヒットシーンを見かけません。

あちこち走り、ようやくミノーにワンチェイス。
スモールだと思いますが、確信はない感じ。
マス系かもしれません。


そんなこんなで初日終了。
完全無欠の無。
周りの方では2本がトップでした。

image

美しい夕暮れ。


温泉に入り、ビールを飲んでリフレッシュです(^^)


さて、明けて2日目。
夜は冷え込みましたが、そこまで寒くありません。

image

2日目の水位はこんな感じで前日よりも増えています。


2日目は島裏に向かいますが、気配ゼロ。
馬の首、馬の口、月島、高圧線ブイ、こたかもりと周り、魚が差して来るような場所でようやく初バスキャッチです。

image


しかし、ヒットルアーをロスト(T0T)



その後、ちょっと思うところがありエリアを変えてあちこち見て周り、トータル3本キャッチ。

この日のパターンは少し理解できましたが、試合まで時間がありますので、大きく変わる予感です。


今年は遅れているといいますが、試合の時はハードルアー勝負になりそうですね。

今回のプリプラの結果は、あまり気にせず前日、当日でアジャストしたいと思います。

帰りは上手く渋滞は避けられましたが、疲れましたね~。

さあ、気になった部分の修正をして、試合に挑みます!

桧原湖解氷状況

例年ならば、ゴールデンウィーク前には完全に解氷する桧原湖ですが、今年はちょっと遅めのようです。
今週末の連休も難しそうですね。

そんな桧原湖の解氷状況が気になる今日この頃ですが、現地の状況がレポートされていました。


昨日、JB桧原湖にも出場しているボンバーファクトリーの後藤選手のフェイスブックやアメブロに、現地の状況がレポートされておりました。

image

写真はボンバー後藤選手から拝借

一番凍っているのは、湖の中央部分にあたる馬の首から高圧線のブイのあたりのようです。
こたかもりのあたりはまだ冬景色ですね。

image

JB桧原湖の開場でもある早稲沢浜のあたりは既に氷はありません。
桧原湖大橋周辺は凍っており、無名島周辺は溶けています。


ゴールドハウス目黒の桟橋前も氷がなくなり、入船ワンドは溶け始めたようです。


水位は大分低い状況ですが、これから多少上がってくると思います。
どこまで増えるかは不明です。


昨年は冬の雪が少なかったので、水位が上がらず色々な変化が見られました。
今年はどうなんでしょうかね?

ということで気象庁のデータを見てみると、猪苗代は前年の103%、西会津は116%ということで、前年より少し多い程度でしょうか。

image

画像は気象庁サイトより転載

これだとあまり水は増えないかもしれませんね。
福島県内の指定地区5ヶ所の平均降雪量を示した表(福島県土木部道路管理課発表 3/20現在)では、昨年よりも多く157%、直近5ヵ年の平均値の94%ということですので、ちょっと期待できますね。

ちなみに観測地点は、会津若松市、猪苗代町、西会津町、南会津町、只見町の5ヶ所です。




ちょっと前にはREDRERRERの記事にも飛行機の上からの(ジャッカル 小野社長が撮影した)写真が載っていました。


このタイミングは4/21だと思われます。
写真を見ると、湖最北端の大川エリアで氷が無くなってきています。
また、早稲沢浜から糠塚島あたりも氷が無いようです。
南側では温泉ワンドから清水沢あたりも溶け出しているように見えます。

4/21から4/25の間で、急速に溶け出しているようですね。


とはいえスロープはドロドロでぬかるんでいる所も多いと思いますので、ランチングには注意が必要ですね。
現地に問い合わせをして、無理の無いようにしなければなりませんね。

また、湖上には流木、流氷、切れたロープ等が浮いていることが多いそうですので、ボートの走行にも注意が必要です。


解氷直後の荒食いも期待しちゃいますが、行かれる方はこのあたりに気をつけながら釣りしてくださいね。


私はボートの修理等が間に合えば、5/3~4あたりで行こうかと考えています。
行けるといいのですがね。
こればかりは仕方ないので、なるようにしかなりません。
ダメなら海釣りかな~(笑)


Amazonライブリンク
livedoor 天気
タイドグラフ